オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

泉信行『漫画をめくる冒険』は「表現論」ではない!

»

http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090502/p2

・・・・と、泉さん自身がコメントしておられます。
僕自身は「表現論」という分野をかなり広く取っており、ナニゲなく「表現論」として紹介しちゃいましたが、たしかに「表現論」っていうと、作り手の過程にフォーカスする印象が強いので、泉さんのメディアと受容過程に照準した論にとって誤解を生むかもしれません。ごめん。

というわけで、訂正とお詫びでした。

Comment(1)

コメント

なるほど、いい勉強になりました。

コメントを投稿する