オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

日本マンガ学会(松山 「手塚治虫再考」

»

夜話終了後、へろへろのまま手塚関係の本のコピーをとり、それを途中まで読んだところで、もはや当日。
6月21日(土)
午前中の飛行機で昼過ぎに松山着。機内でコピーや本を読もうとするも爆睡。松山大学の会場に到着。すでに発表は進んでおり、二人目の発表中に参加。早くも大幅に時間超過しているようで(学会などではよく目にするが、いい習慣ではないと思う)、後に発表する人ほどかわいそうだった。もっとも、高校生の発表じゃないんだから、と思うものもあり、それに対し怒りの質問もあったが、それでかえって時間が延びるので、司会者がさっさと仕切ったほうがよかったんじゃないかとさえ思う。まぁ、そうもいかんか。
休憩後、ジャクリーヌ・ベルントさんの司会によるラウンドテーブルだったが、これも時間がないので、基本的に短い発表がそれぞれ行われただけだった。が、面白い発表も多かった。

専修大・押山美知子氏の「『リボンの騎士』における”少女マンガ”の型」 松下井知夫作品との比較」は興味深かったし(松下版少女マンガは初見だった。松本かつぢのもやってくれないかな)、東北大・岩下朋世(男性である)氏の「『ナスビ女王』と『エンゼルの丘』にみる『登場人物の同一性』と物語の構成」の問題提起は、非常に面白く聞いた。ジェンダー論の一種の「流行」に対しマンガ論として正面から行こうとする姿勢に共感をもった。横国大博士課程・竹内美保氏「今日の若者と『リボンの騎士』 美術教育の現場からの一考察」も、リメイク版『サファイア』との比較など、今後の研究を期待させてくれる発表だった。いずれも質疑がないのが残念だった。

総会は、うちのゼミ生とばっくれてお茶し、6時からの松山大内懇親会パーティ会場へ。来年、僕のゼミを受けたいという人とか、呉さんのお知り合いで考古学をやっている方と古代南中国の文明と日本の関係についてお話を伺ったり、あれやこれやしているうちにお開き。一同、市内のホテルに移動し、チェックイン後、広間に集合。まるで披露宴のような丸テーブルが6つほどあり、それぞれに「有名人」とテーマが与えられ、若い人などが選んで座る形式。面白い企画だけど、テーマがなくて、ただ僕が座っているテーブルなどは、一体どんな話をすればいいのかわからず、やや迷走気味だった。最後のほうで宮本君やつくば大の笹本さんがきてくれて、少し盛り上がった。
と思ったら、もう12時前で解散。僕は、ただでさえ眠いので、さっさと自室に引き上げる。残ったコピーを少し読んで寝る。

6月22日(日)
朝8時におき、フロを浴びてホテル前の駐車場で練習後、朝食。
9時にロビー集合で会場へ移動。
10時から宮本大人氏司会で竹内オサム氏、中野晴行氏とシンポ「手塚治虫 再考」。まずまず、何とかまとまったかな、というデキ。そもそも、この時間で、このメンツで、まとまる話にするのは難しかろう。そのわりに面白かった。とくに中野さんのレアな写真攻勢、竹内さんの修士論文の頃の図版や、中野さんが持ってきた竹内さんのマンガなど、学会というより、フツーのトークとして面白くなっていたかも。僕は何一つ準備できなかったが、会場はそれなりに面白がっていたように感じたので、まあいいかな(よかないか)。

昼食後、もう一つのシンポ「手塚治虫の現在」。こちらは座長・小野耕世氏に、伊藤剛氏、手塚プロ・古徳稔氏、マンガ家・田中圭一氏。知ってる人なら、もうこれは冷や汗ものの顔ぶれで、僕もどうなることかと思って聞いていたが、田中氏が絵を描き始めると会場いきなり寄席風の盛り上がり。さらに、最後になって古徳氏と田中氏の丁々発止のやりとりは、できたら二人でコンビ組んで回ったらいいんじゃないかと思うほど面白かった。手塚プロの大人の対応に感謝!という場面であった。詳しくは書かないけど(笑

終了後、さて飛行機の時間までまだ間がある。うろうろするうちに、結局学会の打ち上げに顔を出すことにして、市内の飲み屋へ。やっと、呉さんや村上さんなど、いつもの面々で落ち着いて話をし、盛り上がってきたところで空港へ。少し遅れた飛行機に乗って東京に帰ったのが午後9時。腹へって大崎でカレー食って、ようやくシンドかった山場を終えたのでありました。

いやー、よく生きてたよな。お疲れ~。
さて、大学の準備をしなくちゃ(泣

Comment(10)

コメント

みゅしゃ

ほんとうに生きていらしてなによりです。
  お疲れさまでした。

お疲れさまでした。やっぱり東京―松山トンボ帰りはこたえますね。
小野さんが自分も話をされたいとのことと、パワーポイントなどの操作はぼくのほうが慣れているので、僭越ながらなかば司会をさせていただきましたが、満足度の高いものになってよかったです。
田中さんと古徳さんにはいくら感謝してもし足りないくらいです。お二人は本当にすばらしかった。

BB

いや~、ハードな日々ですねー=3
お疲れ様でしたm(_ _)m

学会に惹かれつつも、土は甥の誕生日会、
日は森下文化センターの公開講座へ。
松山は遠いというのも・・やはり・・。

タケカワユキヒデさんの話は、時間配分も
考慮され内容も楽しめるものでした。
音楽が流れたり、拍手を求められたり、
他のマンガ講義や発表とは一味違う感じ。
彼が企画したマンガで、日本ではヒットせず
ベトナムで人気という「GUITARO」を
読んでみたくなりました。

竹内美帆

横浜国立大学修士課程の竹内美帆です。
学会お疲れ様でした。どうもありがとうございました。
夏目さんの大学の授業への想いなどをお聞きしますと、本当に学生さんに親身になっていらっしゃるのだなあと感じました。
今回の学会を通して、マンガ研究というものへの興味がより深まり、自分自身の研究へのモチベーションも高まってまいりました。
これからもよろしくお願いします。

ハニー

お疲れさまでした。
 二人目の発表者というのは私で、諸処の理由で時間調整がうまくいかなかったのはたしかですが、実際には、質疑応答の時間がなくなったのであって、「時間超過」はしていません…(予定では5分前に終わってひとつぐらいは質問を受けるはずが、結果的には休憩時間に1~2分食い込んだのはたしかで、この点は猛烈に反省しています)。受付の混雑で、始まりの時間を遅らせ、全体にスケジュールがシフトしていたので、途中からいらした夏目さんは誤解されたのだと思いますが、次の発表はそのシフトの中で予定通りに始まっています。
 質疑応答の時間よりも図版を見せることを優先させたい、全体の時間は守るけれども、というのは予め事務局には言ってあったのですが、最初に全体にアナウンスすべきでしたね。すみません。
 それからジェンダー論はべつに「流行って」はいません。そんな事実はないので、これははっきり訂正しておきたいと思います。どうも誤解が広まっているようなので。

 松本かつぢは別の会場で平松さんが発表されていました。こちらも面白かったです。

 二日目のシンポジウムはどちらもすばらしかったです。ほんとうにありがとうございました。

T.A

大変お疲れ様でした。マンガ夜話と学会とほぼ同じように移動しましたので、それだけでもかなりお疲れになられたに違いないと身にしみて思います。
「手塚治虫 再考」も「手塚治虫の現在」もどちらも豪華メンバーによる盛りだくさんのトークとなってものすごく楽しく拝聴させていただきました!
合宿企画も夏目さんのテーブルもかなり長時間もりあがっていたように見えました。集まっていた方々は大満足で帰られているのではないかと思います。私は伊藤剛さんのテーブルにいましたが、こちらも興味深い話題をいくつも拝聴させていただきました。
 質疑がなくて残念という場面がいくつもあったと思いますので、ゼミで発展させられたらいっそうよいかと思います。よろしくお願いします。

お疲れさまでした。
東北大の岩下です。
興味をもって発表をきいていただけたようで嬉しく、とても励みになります。ありがとうございます。

2日目のシンポジウム、とても刺激的でした。刺激を受けすぎて散漫な質問をしてしまいましたが、あの場で示唆をうけたことについては、できれば自分でもっと調べてゆきたいと思います。

「ジェンダー論」が「流行」しているか否かですが、(こう書くとレトリカルですが)どちらでもあるのだろうと思います。

というのは、少女マンガを語る際には、良くも悪くも、ジェンダー、あるいはもっとはっきり言えば「少女」の問題を語ることになってしまう/語っていることにされてしまうような磁力(←これまたレトリカルですが)のようなものが「少女マンガ論」には渦巻いているように思うからです。

おそらく「少女マンガ論」が成立していく過程の中で(なかば不可避的に)生じてしまったこうした「磁力」は、多分なによりも「ジェンダー論」的なアプローチにとっての不幸なんだと感じます。

私としては(それができているかはともかく)「マンガ論として正面から」取り組むことで、そうした「少女マンガ論」をめぐる状況に一石投じられないかな、などとも考えています。

なんだか長文になってしまいすみません…。

>竹内美帆さま
>岩下さま
何よりです。どんどんがんがん、これからも行っちゃってください。
>ハニーさま
それは失礼しました。何度もゴングが鳴ってたので、てっきり超過かと思ってました。
>T.A殿
ゼミで発展・・・・の件、了解しました。

GYA

ほんとにお疲れさまでした。
打ち上げの開始時間から、お帰りの飛行機の時間まであまり時間がなく、あわただしくて申し訳なかったです。
理事やってると、例年発表もシンポジウムもゆっくり楽しめないんですが、今回はタンノーしました。

先日はマンガ学会お疲れ様でした。そしてありがとうございました。特に二日目のパネルディスカッションは大変楽しませていただきました。

手塚ファン大会とはまた違う意味で、手塚治虫ワールドを堪能させていただいた思いです。学会では、マンガ界全体や漫画史全体から手塚治虫の位置づけを考える、論理的に手塚マンガを語るといった姿勢が感じられました。

さて、学会のレポートを早速ブログに書きましたのでお知らせいたします。
http://norimi.blog45.fc2.com/blog-entry-288.html
http://norimi.blog45.fc2.com/blog-entry-289.html
少し文章を編集しなおして、手塚ファンクラブにも投稿しようと思っております。

それでは、まずはお知らせまで。
8月の花園大学と京都MMでのシンポジウムにも行かせていただく予定で今からお話を楽しみにしております。

コメントを投稿する