オルタナティブ・ブログ > 『スマートIT』術 >

「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

タブレットデバイス活用研究会

»

先日Padlab 5th(タブレットデバイス活用研究会)に参加してきた。

本会であるPadlabとは、iPad発売時から毎月のように研究会が開催されてきた、当初はiPadを持っている人たちの集まりである。そして最近はiPad以外のタブレットが増えてきたため他のタブレットデバイスを含めて研究することになってきた。

そこで、今回はPadlab 5th内で話があったアプリとデバイス両方に関して参考になった点を私の感想と共にいくつか上げてみることにしよう。

【アプリ】
evernote
Dropboxの使い分けの基本。
evernoteはアイディアストック。Dropboxは成果物を入れる。
そこで大切なことは、両者の紐づけが肝である。
その紐づけ方法はevernoteのノート名とDropboxのフォルダ名を同じにすることだそうである。

そしてNozbe(ノズビー)の紹介がされた。
このNozbeは簡単に言えば行動管理。そして、タスク管理だけでなく、それらを処理していくためにも役立つ「プロジェクト」「次の行動」「コンテキスト」が備わっている。
以下、App Storeの「Nozbe Todo for iPad」の説明から抜粋。

通常のToDoリストと違い、Nozbeは以下の機能により、あなたが今すべきことに焦点を当てさせます。
●プロジェクト:一連のタスクを整理・統合します。
●次の行動:ToDoリストの中から今日、あるいはすぐに行うべき行動を選択します。
●コンテキスト:様々な場所において、その場に合ったツールで仕事を処理することができます。

このNozbeの最大の特徴は、evernoteやGoogleカレンダーとの連携が可能であること。
(詳しくはこちらの本をご参考に、「iPhone×iPad クリエイティブ仕事術 本当に知りたかった厳選アプリ&クラウド連携テクニック」)
Nozbeはパソコン、iPadそしてiPhoneどの端末からも使用可能である。
ただし、Nozbeは有料なサービスとなっている。
今まではGoogleを中心にした「Freeなサービス」が主流だったが、これからは使いやすいサービスを求めるならば「クラウドサービスを契約して使い続けていく」時代になってきたのかもしれない。

【デバイス】
AndroidOS搭載デバイスが次々に発表そして発売されている。これからはCPUに2コアとか3DカメラとかHDMI搭載。。。
HDMI搭載ということは、リビングの大画面でタブレット内のコンテンツを楽しむことを前提にしているのだろう。
ただ、速いCPUを搭載していくと発熱が気になる。
各社、iPadに対抗しようといろいろ付加価値を模索しているようである。
iOS、Androidの2大OS競争がしばらく続くだろう。
そして、後出し勝負師のMicrosoftから登場したWindows Phone 7は、なかなか出来が良いとのことである。
ということは、Windows Phone 7が第3の勢力として勢いづくのか?

【雑談】
・Twilog
Twitterをされている人にお奨め!
TwilogはTwitterのつぶやきをブログ形式で保存するサービス。
何がお奨めかと言うと、「日/月/曜日/時間ごとのつぶやき数」「フォロー数/フォロワー数/合計つぶやき推移」がグラフで見えるようになっているからである。

スマートな活用へのご参考まで!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する