オルタナティブ・ブログ > 「島ナイチャーの沖縄探訪」 >

沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

社会貢献3.0の時代 活動スタート

»

めんそ~れ!

前回、社会貢献3.0の時代が着ていることをご紹介しました。
弊社では、7月から聴覚障がい者向けに特化した「職業訓練」を実施しています。
今年で2年目になりますが、必ずしも全面的に受け入れられているというわけではありません。
その職業訓練では、厚生労働省の指示により。手話通訳が設置されておりません。
職業訓練は、就職のための訓練であり、就職した先では手話通訳がいつでもいるわけではないので、職業訓練の立場から手話通訳は付けないということのようです。
しかしながら、聴覚障がい者の方から見れば、細かい点の理解のために手話通訳を付けてほしいとのリクエストがあります。
聴覚障がい者の方々は市役所へ手話通訳の要請を上げたのですが、それは学校側の責任といわれてしまいました。
福祉の立場からは、とんでもないということのようです。
そういうことは障がい者の立場に立って、ボランティアで実施しなければいけないという考えのようです。
正直「そんなことでは、世の中は変わらない」と少し怒りを覚えました。

この7月から、新しく社会貢献3.0の事業を開始しました。

沖縄県の「BPO事業拠点集積促進事業」の採択を受けて、進めている事業です。

社会貢献をビジネスにすることが沖縄県の情報産業振興課では認めていただいたわけですが、このさきビジネス化するのはまだまだ山あり谷ありです。
次回はこのスタートした事業の内容を少しご紹介する予定です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する