オルタナティブ・ブログ > 「島ナイチャーの沖縄探訪」 >

沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

沖縄への経済効果、トライアスロンは5億8100万円

»

めんそ~れ!

今年の4月に開催された「石垣島トライアスロン大会」の経済効果が5億8100万円となるとの試算がおきぎん経済研究所から発表されたと沖縄タイムスにでていました。

選手のほか、報道関係者、ボランティアら大会参加者の吸うが、前回の9800人から2万6000人に大きく増加したため、昨年に比べ3億1600万円増加したということです。

それと同時に、47人分の新たな雇用を生んだということです。

同じく沖縄タイムスにトランスコスモスの子会社である「トランスコスモスシー・アール・エム沖縄が、創立10周年を迎えたという記事も出ていました。

同社は、いちはやく沖縄に情報通信業の基盤を築き、沖縄へのコールセンター育成のさきがけになりました。

その後、沖縄にはコールセンターが増えてきており、雇用開発推進機構が発行している「コールセンターで働こう!」というDVDでは、54の会社・事業所が沖縄県でコールセンターを開設しております。

今回、そんな中で「株式会社アイセック・ジャパン」を設立しました。今までとは違った角度から、コールセンターというものへアプローチしたいと考えております。

トランスコスモス社が10年で達成してきたものへ、早く追いつけるよう努力していきたいと思います。

まず、なんとか、1事業年度中に「石垣島トライアスロン大会」並みの雇用創出ができないかが、大きな目標です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する