オルタナティブ・ブログ > 「島ナイチャーの沖縄探訪」 >

沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

沖縄のホスピタリティ

»

めんそ~れ!

沖縄のホスピタリティが高いということを感じることがたびたびありますが、そのひとつが「おつりの渡し方」です。

内地にいるときにはあまり感じなかったので、多分沖縄独特ではないかと思うのですが、レジでお客様におつりを渡すときに、おつりをもった手と反対側の手で上と下からお客様の手をそっと包んで、おつりを渡します。

ちょっとお客様の手を包み込みながら触れる感じなので、店員さんが若い女性などの場合、おじさんはちょっとドキッとしてしまいます。

それが、ホスピタリティが高いということなのか、といわれると自信がありませんが、少なくともお客様は悪いイメージは持ちません。たとえそれが若くない男性であっても。

財団法人 雇用開発推進機構(沖縄県の雇用推進、人材育成、そして将来の活力ある沖縄づくりを推進することを狙いとし、県、市町村、労働、経済団体が一体となり設立した財団法人です。)が、「コールセンターで働こう!」というDVDを出していますが、なぜ沖縄県でコールセンターが多くなったかということのひとつの理由として、「ホスピタリティ」というものをあげております。

通信費用の県の補助や安価な労働賃金、若年失業者が多く労働力確保がしやすいなど、企業側からの視点で沖縄に進出している企業が多いと思いますが、私もそうですが、多分他の企業の経営者の方も、沖縄に進出して感じたのは、「ホスピタリティ」の高さだと思います。

事業拡大を考えておられる方は、ぜひ、沖縄をひとつの候補として考えられてはどうでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する