オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

iPhone の Lightning ケーブルの交換

»

iPhoneに付属していたLightningケーブルがぼろぼろになってしまいました。
IMG 1060

実は経年劣化による破損は無償で交換してもらえるようです。
AppleCareへの加入は関係なく、本体購入1年以内ならば大丈夫とのことです。 

保証対象かどうかは製品のシリアル番号の入力で確認できます。

保証状況とサービス期間を確認するApple
修理が受けられる状態が確認できたら、「修理のお申し込み」ボタンを押下します。

「配送修理」→「サービスリクエストとトラブルシューティング」を選びます。
「バッテリー、電源、及び充電」ではありませんのでご注意ください。

「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」を押下し、「郵送修理」に進みます。

その後支払い方法の選択を迫られ、クレジットカード番号の入力が必要となります。
Card
きちんと説明を読んでいればわかりますが、これは郵送修理のとき不良品を返送しなかった場合新品代金を引き落とすためということです。
証拠に支払いの詳細にも「事前承認金額」と表記されています。

注文が終わったら2日程で新品が届きました。
yamato

私の場合、クロネコヤマトさんが担当してくれました。
配達員の方から新品を受け取ったら入っていた紙袋に不良品を入れて、返します。

これで問題がなければ完了です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する