オルタナティブ・ブログ > 地方創生と次世代人材育成 >

ICT/IoT、ドローンなどを活用した地方創生や次世代人材育成に取り組んでいます。

困難を極め、目の前が暗くなり、あきらめそうになるが・・・

»

新しい道を切り拓く

という仕事は困難を極めます。

人が進んだ道、人が切り拓いた道

であれば、その仕事のイメージを持つことができますが、

誰も選択しなかった道

もしくは、

環境の変化で新しく生まれた道

などの場合には、新入社員が仕事を覚えるプロセスと一緒で、試行錯誤の連続になります。

当社の仕事のほとんどは、他社とは競合しない領域で勝負をしようとしています。

仕事を創る

という発想は、私が得意なのでいろいろと発想していきますが、それを実行していく社員は大変です。

競合する他社と価格や品質で競い合う

という仕事も大変ですが、

誰もチャレンジしたことがない、普通の人だったら最初から『無理』と思ってしまうような仕事もとても厳しいです。しかし、このチャレンジは、実に楽しいです

仕事がただの仕事になるのか、後世まで人々の印象に遺る仕事になるのかは、その仕事の独自性や創造性に依存するように感じます。

人材採用

人材育成

情報化支援

売上拡大

いろいろな既存のビジネス領域で、新しい発想でのビジネスを仕掛けています。

当社の社員の能力は決して低くないと思います。
あとは、ビジネスとして成立させるために、その新しいことに即座に適応する能力をさらにあげて、スピードアップを期待しています。

困難を極めたときに

人はどのような判断で、どのような行動をおこなうのか?

腹を決めるだけではなく、自分の努力と行動で自分の道を切り拓く

新しい時代を切り拓くということと、自分の可能性を切り拓く

強い人たちがいつでも変革の時代を乗り切り、次世代を創っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する