オルタナティブ・ブログ > 森崎修司の「どうやってはかるの?」 >

計測できそうでできない多くのこと。エンピリカル(実証的)アプローチで。

ちゃぶ台返しの風景 @ 御堂筋線

»

いつものエントリと違ってソフトウェアの話ではなく私の日常的出来事です。

妙に共有したい情報なので書くことにしました。通勤で地下鉄御堂筋線に乗ることがあります。西中島南方駅からと中津駅に向かう間で淀川をわたっている最中に、梅田側の土手の進行方向左手でちゃぶ台をひっくり返している方を2度ほどみました。登場人物は2人の中年以降の格好をした芸人の方とちゃぶ台です。

1回目はよくわからなかったのですが、2回目はかなり鮮明にひっくり返しているのを確認し、これはヘンだと思って、ググってみると、つるせんねんという芸人の方だそうです。http://blog.livedoor.jp/zamayang689/

きらきらアフロという深夜番組でも話が出たそうです。平日7:30~9:00に同じ場所でちゃぶ台を返しているそうです。

通勤通学等の方は、御堂筋線天王寺、なかもず方面行きがお勧めです。対向電車がいなければ、御堂筋線新大阪、千里中央方面行きの進行方向右側に見えるかもしれません。御堂筋線の東側なので、阪急からは難しそうです。JRからももしかすると見えるのかもしれないですが、あまり期待できません。

出張等で、新幹線新大阪駅から梅田、淀屋橋、本町方面に向かわれる方は地下鉄御堂筋線に乗るか、タクシーで新御堂筋経由で広い川をわたり終えるころにみえる土手の進行方向左側をご覧ください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する