オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

「20代は転職厳禁」という意見

»

最近、就職して1-2年程度で、「この仕事、いいと思ったけど、やっぱり自分に向かないから転職する」という人が多いようです。

一方で、ヘッドハンターの古田英明さんが、「20代は転職厳禁 捨て駒になるな」という記事を書かれています。日頃、私が思っていて共感した部分を紹介させていただきます。

---(以下、引用)---

・若いうちに「ちょっと給料が上がるから」とか「ちょっと会社の見栄がいいから」とかいうような理由で転職したら、一生を誤る

・20代で転職を繰り返せば、いつまでたっても新米の使い走り。30代だって、新しい職場では新米からの出直し、マイナスからのスタート

・荒っぽい言い方だけど、最初の仕事は何でもいい。あとはそこで縁を生かしていけるかどうか。20代はその会社でじっくりいろいろ教えてもらう。それで何年かのお礼奉公をする

---(以上、引用)---

ヘッドハンターの方の意見なので、

「単なるアーム(腕)ハントか、レッグ(足)ハントだろ」

という話は、説得力がありますね。

実際、社会人1-2年目に転職して、本当に自分の適性がある職が得られるならば素晴らしいのですが、現実には難しいのではないでしょうか?

理由は、仕事を始めて1-2年程度では一人前にはなれないからです。
そして、一人前にならないと、本当の自分に向いた仕事は分からないからです。

社会人になって3-4年の間は、必死に頑張って使い走りからなんとか一人前に成長するまでの大事な期間なのではないでしょうか?3-4年、できれば最低5年位は留まってがむしゃらに仕事をしたいところです。

この貴重なタイミングで転職する、ということは、言い方を変えると、自らスゴロクのふり出しに戻ってしまうようなもので、もったいないように思います。

田坂広志さんは著書「知的プロフェッショナルへの戦略」で、以下のように語っています。

---(以下、引用)---

 ....ビジネスマンが働くことによって得られる「リターン」には、このような「マネー・リターン」(金銭報酬)の他に、「目に見えない四つのリターン」があるのです。

 それは何でしょうか?

(1)ナレッジ・リターン(知的報酬)
(2)リレーション・リターン(関係報酬)
(3)ブランド・リターン(評判報酬)
(4)グロース・リターン(成長報酬)

 この四つのリターンです。

---(以上、引用)---

「ちょっと給料が上がるから」「ちょっとかっこいい会社だから」転職することは、確かに最初だけはいいかもしれませんが、長い人生で自分の成長を考えた場合はそれはあまり重要なことではないのかもしれません。

もし金銭的な理由だけで転職をお考えだとしたら、それはより素晴らしい成長の機会を自ら潰している可能性があるのではないでしょうか?

もちろん、転職のたびに見事にキャリアアップなさっている方もおられます。実際、オルタナティブ・ブロガーの方々は、そんな方が沢山いらっしゃいますね。

私の同期にも、確固たるビジョンを持って、若くして別の会社に移ったり創業したりして、成功した友人が多くいます。

一方で、その逆もまた真なり、です。

古田さんが記事でもおっしゃっているように、今の場所で一生懸命頑張ってみるのも、またよいのではないかと思います。

Comment(4)