オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

スティーブジョブズの「DRM不要論」!?

»

日経TechOnの記事経由で知ったスティーブジョブズのThoughts on Musicという記事(英文)ですがなかなか興味深い内容です。かいつまんで言うと、今後の音楽配信ビジネスのDRMのあり方について以下の3つの選択肢があるとしています。

1)現状維持: ベンダー独自のDRMが採用されているのでiTMSで買った曲はiPodでしか聴けない等の囲い込み状況が生じてます。しかし、実際にiPodにストアされてる曲はほとんどがCDのリッピングなのでiTMSによる囲い込みはたいした問題ではないと主張しています。

2)DRMの仕様を他ベンダーにライセンスする: こうすると囲い込みはなくなりユーザー的にはうれしいですが、DRMの機密情報が拡散することでDRM破りが発生しやすくなり、DRMが破られた時の修復が困難になることで、アップルがレコード業界に約束してきた十分なコンテンツ保護が提供できなくなるリスクが生じるとしています。

3)音楽配信のDRMをやめてしまう: どうせ現状ではDRMなしのCDが大量に販売されてリップされてネットにアップされているので、音楽配信にDRMを提供しても音楽コンテンツの不正コピーを防げていません。ならばいっそのことレコード会社はネット配信のDRMなんかやめてしまえという選択肢です。アップルはレコード会社がこの選択肢を選んだのなら全面的にサポートするとしています。

一見、DRM不要論に見えるのですが、私には、最近の欧州におけるiTMSのDRM(FairPlay)を他ベンダーにライセンスせよという裁判所の判決に対するカウンタークレームにしか思えません。要するに、「上の2)の選択肢を取ると大変なことになるぞ、どうせだったら3)にしてみろよ、え、それはできないの?だったら現状維持(1)しかないよねー」という皮肉なポジション・トークということではないでしょうか?みなさんはどう読みますか?

Comment(4)

コメント

inusuke

嫌らしい言い方かもしれませんが彼の言うことは理にかなってると思います。レーベル側さえどうなっても文句を言わないというのであれば2が現実的ではないでしょうか。ただ、不正コピーを肯定するわけではありませんがCDからいくらでもリップできるのが事実である以上、最初からDRMなんてやめてしまうのが良いと個人的には思います(って、ジョブズと同じこと言ってもしょうがありませんね……)。
不毛な著作権保護技術によってユーザが不利益を受けるようなこと、CCCDの二の舞にはなって欲しくないですね。

mohno

> カウンタークレーム
鋭いっ!:-)

栗原潔

Lessigのブログでもこの件が触れられています。
http://www.lessig.org/blog/archives/003699.shtml
Lessig本人はは割とストレートに受け止めているようですが、コメント欄では私のように裏を読んでいる意見が多いようです。「動機はどうあれ結果的にDRMがなくなればいいじゃん」みたいな脳天気な(しかしある意味正しい)意見も見られます。

mohno

(細かいことですが)今、日本語版を読んで気づきましたが、Lessig 氏もストレートには受け取っていないのでは?
http://blog.japan.cnet.com/lessig/archives/003565.html
によれば「(Colin Mutchler 氏の)作品が初めてiTunes入りしたとき、MutchlerはDRMをオフにするよう求めたが、アップルに拒否されている・・・ここから始めるべきだろう。」というのは、やんわりと“皮肉”を言っているように見えます。

コメントを投稿する