オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

ドメイン死すとも2ちゃんは死せず

»

一部で話題になっている2ch.netのドメイン名仮差し押さえというニュースですが、今の所、ソースがZAKZAK(夕刊フジ)しかないので、どれくらい信憑性があるものなのかわかりません。仮に信憑性ありということで話を進めると、そもそも、ドメイン名は仮差し押さえの対象となる財産権なのかという論点があります。

商標権や特許権は財産権なので差し押さえの対象になります。この点は疑いありません。ドメイン名については、商標みたいなものなので財産権であり、ゆえに、差し押さえの対象になるという考え方もあれば、単なる住所みたいなものなので財産権ではないという考え方もあって確定してなかったと思います(あくまでも「思います」です。この辺、詳しい方いらしたら教えてください)。もし2ch.netのドメイン差し押さえに関して裁判所がドメイン名は財産権かどうかの判断をしてくれれば、その副産物として、今後のドメイン名と商標権の抵触の問題もよりクリアになるので良いのかなとも思います。

また、whoisで見る限り2ch.netのドメインの持ち主はひろゆき氏個人ではなく、Monsters Incという法人になってますが、法人格否認の法理なんていう解釈論があったりするので、これだけで、2ch.netの持ち主は別法人なので関係ないですとまでは言えないと思います。また、Winnyの金子氏の弁護人をされた壇先生のブログによれば、他にもいろいろややこしいことがあり、現行法ではドメインの差し押さえはそう簡単には行かなさそうです。これ以上の議論は自分の専門外なのでやめときます。

で、ここから先が私の言いたいことなんですが、仮に2ch.netというドメインが使用不能になっても2ちゃんねるはなくらないですよね。別のドメイン名でやれば済む話です。Princeではないですが、「かつて2ch.netと呼ばれた掲示板」として生き続けていくでしょう。だいたい、既に、3ちゃんねる、4ちゃんねる(日本語版と英語版あり)も稼動してますし、似たような匿名型の掲示板サイトはいっぱいあります。要は人が集まってくるかどうか(とそれを支えられるサーバがあるかどうか)だけのお話しです。

要するに、2ちゃんねるの実体とは何なの?というと、ドメイン名でもなければ、サーバ群でもなく、ひろゆき氏等の個人でもないということで、実体は不特定多数のコミュニティですとしか答えようがないということです。

Winnyに関するエントリーでもちょっと触れたのですが、不特定多数によるコミュニティというのは、今の法律では想定されてない実体なので、コミュニティを差し押さえるとか、コミュニティを訴えるというのは観念しがたいものがあります。もちろん、2ちゃんねるにおける違法行為や賠償金を払わないひろゆき氏の行動を正当化するものではありません。

じゃあ、どうすればよいのよ?というと、結局、運営サイドがプロバイダー責任制限法に基づき、違法投稿を迅速に削除し、裁判所の命令があれば違法行為者の情報を提供するというやり方しかないのかなと思うわけです。

Comment(23)

コメント

2get

栗原潔

↑これはまーいいか^^;
荒れそうになったらコメント停止しますのでよろしく^^;

そもそも、2ch自体もあめぞう掲示板の代替として設置されたものですよね。栗原さんのおっしゃる通り、また別の場所にサーバが置かれてサービスが再開されるのだと思います。余談ですが、この記事を見て1chを調べてみたら、今はあめぞうと一緒になっていたんですね。

ドメインは財産です。
と、http://onamae.com/ に書いてあります。
でも、所有者が別会社だとは知りませんでした。

ドメインがなくなったって、掲示板は消えませんから、
IPアドレス打ってでもみなさん行かれるでしょう。

fatacy

結局、運営サイドがプロバイダー責任制限法に基づき、違法投稿を迅速に削除し、裁判所の命令があれば違法行為者の情報を提供するというやり方しかないのかなと思うわけです。


へんだな、削除しないことで人気を得、それが存在の理由の一部なのに、削除しなくてはだめでしょう、じゃこの人なにを言いたいのか、私には分かりません、

個人への中傷などは放置していても、糞ちゃんへの批判人をアクセス禁止にする、大日本帝国の亡霊みたいな文化だね、ウケてれば、それでもいいけど、民主主義だから、

私は、糞ちゃんは、嫌いです、

TK

ドメインの引っ越しやった事ありますけど
純技術的に内部設定によっては、かなり面倒臭いです。内部処理で、サーバー同士あるいは、プログラム間のデータ受け渡しに、ドメインが絡んでるような複雑なシステムの場合で、一カ所の設定ファイルを弄るだけだとか、置換で一発修正するとかできれば良いですが、正規表現使っても余計な所まで修正するようなら、手作業で見直さないと行けなくなりますので、システム見直しに結構手間取ると思います。ましてや、クラスタサーバーでも組んでたら、さらにややこしくなるでしょう。最初から、ドメイン引っ越しを前提に作られてるシステムやら、個人で使うような単純なシステムなら、凄く簡単なんですけどね。パッと見、ドメイン名変更を前提に作られてるとも思えませんし、外部から見た感じだと、2chは相当複雑そうな印象を受けます。(見たこと無いから分かりませんが)。ちなみに、IPアドレスで接続したら上手く行きませんでしたね、これも多分内部で何かやってるんでしょう。

まーでも、2chは死なず、というのは同感です。
システム移行に手間取るなら、瞬断はあるかもしれませんが、UNIX板などを中心に、2ch移行するなら協力するという有志が次々と出ているようですし、普通なら、2週間以上かかる作業も、一瞬で終了し、何事もなかったかのように移行するかもしれません。

ただ、ひろゆき氏が、引退したがってるような印象を受けるのが気になります。あの若さであれだけの人数が集まる所の責任者というのは、精神的に相当重いと思いますので致し方ない気もしますが、もうちょいがんばってほしいですね

ななし

ひろゆき死すとも2ちゃんねる死なず。

の方がいいなぁ。

yuzhi

2chの要素には「ひろゆき氏」のような、開き直ってでも2chの価値観を温存する「匿名ではない管理人」の存在が大きいように思います。

もし実際に2chが閉鎖されて、新たなドメインが誕生したとしても、管理人や体制など含めて「今までの2chと変わらない」と皆が感じるかどうかは微妙なところな気がします。かなり混乱するのではないでしょうか?

vipから来ますた

本当に…本当に2chは消えないのでせうか!!??

ドメインが差押えられてもサーバが生きていれば
hostsファイルを使う対処があるそうです。
(リンク先は、UNIX板発のまとめサイト)

D3

どこかのサーバーに固定してログを置くのではなく、住民同士がP2Pなどでの情報集合体共有で、誰にも奪えないものへ生まれ変わるのでは?

mohno

そもそも西村氏は「2chの運営責任者」として訴えられたので、壇弁護士の
> 2chドメインの登録者はひろゆき氏ではない
からドメインの差し押さえは無理、という理屈はよくわからないですね。
Registrant(登録者)の "Monsters Inc" も正式な社名じゃなく冗談だと思いますし、Administrative Contact(連絡先)は西村氏になっていて、住所と電話番号はいい加減でしょうから、不実記載を含め法的な対象になっていることを TuCows に連絡すれば、管理権の凍結くらいはしてくれそうな気がします(凍結も名義変更もレジストラにとっては簡単なこと)。連絡先として使われている ohayou.com at Network Solutions の住所・電話番号は本物なのかなぁ。
西村氏は「いやなら法律を変えればいい」といっているそうですが、西村氏が逃げて済むようなら法律を変える話が出てくるかもしれないですね。まあ、そうなっても国外で運営を続けるんでしょうし、十分儲けて引退するのかもしれないけれど、たしかに「2ch は死せず」でしょう。

nmaeda

管理責任と所有者の権利は分けて考えないと。
レンタカーを借りて、駐車違反をして持っていかれたとしたら、その責任は借りたドライバーにあるよね。原則的にレンタカーの所有者にはないでしょ。(バカなドライバーに貸した責任はあるけどさ)

mohno

西村氏は 2ch.net を「Monsters Inc から借りて」運営しているんでしょうか? だとしたら、2ch での名誉毀損の責は Monsters Inc も負うことになるのでは?
そもそも Monsters Inc って誰? :-)

nmaeda

ドメインの所有者じゃないのだから、ドメインは借りていることになりますね。無償か有償かは知りませんが。もちろん、Monster Incの実体がひろゆき氏だと証明できれば財産なので差し押さえ可能かもしれませんが、証明は困難でしょう。
あと、ひろゆき氏が2chの所有者と自称したことがありましたっけ? 管理者とは認めていると思いますが。つまり、2ch自体を差し押さえるためには、ひろゆき氏が所有者だと証明する必要がありますが、これも困難です。だから、ドメインを差し押さえようとしているんだと思いますよ。でも、やっぱり困難ですが。

nmaeda

>> だとしたら、2ch での名誉毀損の責は Monsters Inc も負うことになるのでは?
いいえ。いまのところ判っているのは、Monster Incはドメインの所有者だということだけで、2ch自体の運営者なり、管理者だとは判っていませんので。
誰かの商標(ブランド)を借りて商品を製造・販売した者がいて、それが欠陥商品だったと判った。この場合、それは製造・販売した者に責任があるのであって、商標を借りた人に責任はないでしょう。

nmaeda

連投でごめんなさい。最後の行は
「借りた人に責任はない」⇒「貸した人に責任はない」です。

mohno

Monsters Inc(が西村氏でないとして)は、ドメインの管理責任者に西村氏を割り当てているので「貸しているだけ」という理屈は通らない気がします。たとえば、西村氏の意思でドメインを移管できます。実際、ちょうど1年くらい前に移管していますね。(ただし、この移管を実行したのは西村氏ではなくレンタルサーバー業者らしい)
まあ、「借りている」のだとしても、「2ch.net を借りる権利」を差し押さえできないですかね。:-)
あと、
> Administrative Contact(連絡先)は西村氏になっていて、住所と電話番号はいい加減
と書きましたが、住所は実在の場所ですね。失礼しました。
歩いていける距離だなあ:-p

へり靴さん

掲示板(コミュニティ)はひろゆき氏の物ですが
それを管理できる国関係の組織を作れば良いのでは?
要は掲示板等を管理する警察の様な物です。

エンジニア

ドメインが差し押さられたところで、
それはDNSによる動的名前解決ができなく
なるだけであり、ホストファイルによる
静的名前解決であれば、2ch.netドメインは
自由に使えます。

このホストファイルを誰かが作って(簡単
にできるので)配布するだけで、誰でも
2ch.netドメインを今まで通り使える状態に
なります。

この解釈あっていますよね?それとも
ホストファイルを利用することすら
差し押さえるということが可能なので
しょうか?

mohno

hosts の書き換えなんて1000万人利用者(?)に適用可能なものではないでしょう。
「新 2ch.net 対応 hosts 自動書き換えツールあります!」といったマルウェアでファーミングされるのが落ちだと思います。

nmaeda

> 。たとえば、西村氏の意思でドメインを移管できます。実際、ちょうど1年くらい前に移管していますね。(ただし、この移管を実行したのは西村氏ではなくレンタルサーバー業者らしい)

いや、それは関係ありませんよ。ひろゆき氏が決めて、Monster Incに依頼し、Monster Incはそれを受託しただけとも考えられるので。

レンタカーでも、借りてから交渉して、契約内容を変更することは可能でしょう? 例えば返却場所を変更するとか。

要するに、ドメインに限れば、ひろゆき氏が2ch.netを所有していないかぎり、差し押さえはできません。
管理しているだけでは、その人の資産とは考えられません。

ある1件のファミレスで考えれば、管理者は店長だけど、店長は店舗を所有しているわけではないでしょ。

差し押さえは、人の財産を奪うかなり強力な行為なので、本人だと証明されないと無理でしょう。

> ホストファイルによる静的名前解決であれば、2ch.netドメインは自由に使えます。

hostsファイルを書き換えるってのは、誰かがすべての2chユーザのすべてのPCのhostsファイルを無償で勝手に書き換えてくれるんですか?
いや、便利だと思う人もいるかもしれないけど、普通はクラッキングと呼ぶんじゃないかな。

mohno

その Monsters Inc に実体があるのか?(個人名義以外にすることで、差し押さえをまぬかれることはできるのか?)という疑問はあります。
そもそも、今回の件は債権者が「ドメインまで差し押さえてやるぞー」と意気込みを語っただけで、実際の行為(レジストリへの連絡)がともなっていないんじゃないかという疑問もあるんですが:-)

コメントを投稿する