オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

しつこくアーキテクチャのお話

»

前回、アーキテクチャの反対語はインプリメンテーション(実装)と昔、習ったなんて話を書きました。実際、アーキテクチャという言葉の元祖でもある、S/360 Principles of OperationというIBMのメインフレームのアーキテクチャのマニュアルを見ても内部実装の話は全然書いてなくて、アーキテクチャを実現するのは、ハードワイアド・ロジックでも、マイクロコード(ファームウェア)でも、ソフトウェア・エミュレーションでも何でもよいという趣旨のことが書いてあります。

しかし、最近ですと、たとえばPentiumのNetburstアーキテクチャと言ったりしますが、これは完全に内部設計の話ですよね。ということで、アーキテクチャは実装とは独立した外部設計と言う定義がここですでに崩れてきてます(本来、こういうプロセッサ内部の設計の話はマイクロアーキテクチャと呼ぶべきと思いますけど、いつの間にか単にアーキテクチャとよばれるようになってるのだと思います)。

それから、アーキテクチャのことを「設計思想」と訳すことがありますね。一般紙なんかだと「アーキテクチャ(設計思想)」なんて括弧書きで説明してあったりします。で、確かに、設計思想と言う意味で「アーキテクチャ」と言う言葉を使うときはあります(SOAにおけるアーキテクチャという言葉はこれに近いかも、ソフトウェアをサービスと言う部品にわけて構築しましょうという思想ですから)。

ところが、EAにおけるアーキテクチャは設計思想なんてもんじゃないですね。ザックマン・アーキテクチャやそれから由来するアーキテクチャのフレームワーク(FEAFとかTOGAF)では外部設計を厳密に記述することが求められてます。要するに、アプリケーション開発では必ず行うワークフロー図とかER図のようなものを全社的に書くことが求められてるわけです(最初見た時は「え、ここまで書かなきゃならんの!」とびっくりしてしまいました)。

ということで、アーキテクチャという言葉は、外部設計だったり、内部の実装だったり、設計思想だったり、厳密な設計そのものだったりと、ほとんど意味がなくなってる言葉ではないかと思ったりします。「サービス」という言葉以上に、「アーキテクチャ」という言葉こそ、議論の前に「ここでは『アーキテクチャ』を~という意味で使います」とローカル宣言しておかないとさっぱり意味が通じない危険性もあるかと思います。

Comment(2)

コメント

葵♂

言葉は生き物ですね。使われているうちに、色々な別の意味を含んだり、全体を意味したり部分を意味したり…業種やそれこそ個々人で意味するところが違っていたりして。
いつも、興味深く読ませて戴いています。次は、どんな言葉が出てくるのか、楽しみです。

福岡 力

低レイヤーに特化したSEをやっております。
その昔、坂村健先生の本で、コンピュータアーキテクチャとは、
というのを知ってから20年、
今、私の中では 「アーキテクチャ=構造」となってしまっております。
大体この理解(翻案?)で、不自由したことはないです。

コメントを投稿する