オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

RIMとeBayの共通点

»

昨日のエントリーでカナダのRIM(Research In Motion)ですが、Blackberryという携帯端末で有名な会社です。アメリカでのコンファレンス等に出席したことある人なら見たことあるかと思いますが、多くのビジネスマンが腰に付けている大型のポケベルです。携帯電話と両方持っている人もいるようなので、完全に文字通信に特化した携帯機器と言えます。小型ながらQWERTY配列のキーボードが付いているのが受けているのでしょうか。

Blackberryのサービスは、アメリカだけではなく世界的に展開されており、中国への展開も計画されているようです。しかし、日本ではサービスは提供されておらず、その計画もないようです。

世界的に広く使われているにもかかわらず、日本においてのみ展開されていないビジネスの例としては他にeBayがありますね。eBayのサイトを見ると、中国や韓国を含む世界各国でサービスが展開されているにもかかわらず、日本だけは撤退したままという状況です。

こういう日本だけ特別という状況は日本市場にとってもあまりよくない話ではありますが、欧米のベンダーももう少ししっかりやってほしいと言う気がします。「日本市場は特殊だからという理由でしり込みする」または「日本もアメリカと同じだと思って本国流のやり方を無理に通す」のどちらかのパターンで失敗することが多いと思います(このあたりに関して大昔書いたコラム)。

Comment(4)

コメント

livinginabox

> 日本市場は特殊だからという理由でしり込みする
> 日本もアメリカと同じだと思って本国流のやり方を無理に通す
どちらもありがちな話ですね。しかし、たとえば翻訳にかかる高コストという一面だけをとってもハードルは高いですから、「しっかりしろ」というだけでは難しいでしょう。「だったら、日本市場で成功させられる経営者を紹介しろ」と言われるかもしれませんしね。:-)
あるいは、楽天とか価格コムに「もっと世界展開を」と言っても尻込みされる気もしますね。:-)

p.s.
今日は誰も更新しないのかと思っていたら、ステージングサーバーからのコピーがうまくいっていないようですね。

やっぱりキャリアの方式の違いが問題なのでは?
ただ、MOTOROLA A1000 が M1000 として出てきた状況を見ると、下地は整ってきたかなと思います。
BlackBerryも携帯のようなマルチタップの物が出てきてましたね。やっぱり本体の大きさを小さくする為のトレードオフですかね。個人的には通称 BlueBerryのサイズでも十分だと思いますが。

栗原 潔

自分は通信系そんなに得意というわけではないのですが、たまに米国に行って現地の状況を見ると、日本が「ケータイ大国」という時代は終わってるんじゃないかという気がします。人々の使いこなし方においても、機器単体においても。
機器という点では、MotorolaのRazrなんてカッコよくてしびれました(http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/19919.html )。こういうの見ると日本のケータイっていろんなバリエーションがありそうで、実は、ずいぶん画一的だなーと思います。

livinginabox

> 日本が「ケータイ大国」という時代
終わってます :-) というか、あるレベルで停滞し続けちゃってますね。
3Gだ何だといっても、方式が新しくなっているだけで、利便性としての「次世代」が始まっていないとでもいいますか。いや、大衆向けの機能は発展しているんでしょうが(でも携帯でテレビは見ないかなぁ・・・)
「世界」を考えているのに停滞しているvodafoneあたりに、発奮してもらいたいですね :-)
p.s.
URL の前後はスペースを空けるほうが、うまくリンクされるようです。

コメントを投稿する