オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

海外出張の秘密兵器

»

実は明日からフロリダ州オーランドに出張です。目的は、BIベンダーのコグノスのユーザーコンファレンスの取材(業界アナリストとしてではなく、フリーの記者としての取材)。e-浅井さんも一緒です。レポートはITmedia本体の方に書くかもしれません。

で、今準備しててハタと困ったのがノートパソコン。前の会社で使ってたT41は当然返却してしまったので、家では私物のHPのタブレットPCを使ってたんですが、タブレットPCって良いマシンなんだけど、電池が全然持たないんですよ(正味1時間くらい)。

今回は飛行機内で原稿書きまくらないといけないのでこれはまずいということで、急遽押入れから取り出したのが、NEC モバイルギアII。5年ほど前に買って最近は全然使ってないマシンです。久しぶりに使うと結構いいんです、これが。電源オンすると作業中画面が即立ち上がる、電池は6時間くらい持つ、何とかタッチタイプ可能なキーボード、決してきれいとはいえないが横1行スクロールなしで見れるディスプレイ。

RIMG0083

文章入力に徹したお仕事機としては最強かも。出張中の原稿入力専用マシンとして現役復帰させるかもしれません。なんで、Handheld PCてなくなっちゃったんでしょうね?今はこういう用途だと、WinXPのサブノート使えということなんでしょうか?

Comment(1)

コメント

同志が居ましたか・・・^^。私もいまだにモバギ2使っていますよ。キーボードが当時の NEC のサブノートと同じ系統なのでワープロとして重宝してます。レスキューパックで電池駆動もできますしね。あと PocketOutlook が POP3 でも IMAP4 のような同期性を重視しているのも好きでした。

私も Handheld PC 復活して欲しいです。そういえば末期に Handheld PC Pro とか言うシンクライアントもどきが NEC や IBM から出ていた気がするので、このシンクライアントブームに便乗して復活してくれないか妄想してみます^^。

コメントを投稿する