オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

「つぶやき」を使った一言デジタルサイネージ

»

Twitterに参加していないので、あくまで「つぶやき」と略します。

「つぶやき」関連の記事を見ていると、ビジネスでの活用としては、
・キャラクターを利用したつぶやき広告
・つぶやきを解析した統計調査
・広報の一環としてつぶやく
などなどが、あるような気がします。

ブログのように、アフィリエイトが出来るわけでもなく、
ペイパーポストならぬペイパーつぶやきをしたとしても、
ブログに比べると、一言一言の消費性が高いため、あまり友好的とも言えません。

ブログのペイパーポストはバックリンクの効果などもあったと思いますが、
Twitterなどでその効果があるかと言われるとよっぽど有名人でもない限り、
限りなくスルーされるのが目に見えます。

Twitterのような「つぶやき」系サービスの場合重要なのは、
文章の消費率が高いため、いかにリアルとひもづけるか?
が重要なんじゃないかなと思います。

考えられる線としては、小売り、特にスーパーなんか面白い「つぶやき」
デジタルサイネージが出来るんじゃないでしょうか?
POSと連動して、その場で買った商品が表示されるとさすがに気分が悪いので、
10分の誤差があり、「つぶやき」とともに購入商品を一つ表示していくとか?。


問題は、どの情報を拾い、ゴミのような情報をいかに捨てて、
表示させるかが難しいですね。

ブログでもそうでしたが、ゴミゴミした情報を整理して、
コンテンツにすることで新しい「つぶやき」のマネタイズなんかが出来るんじゃないでしょうか?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する