オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

森羅万象とビジネスの関係

»

弁天会議
新年の初経営会議は鎌倉からスタート。

弊社HRディレクターでもあり、サンライズコミュニティの社長が

去年腰越に引越したことで、すっかり鎌倉が近くなりました。

 

新年会議のスタートは銭洗弁財天ご参拝から。

お金を増やすための祈願ではなく、常に新しい経済の循環を生み出すために

古くなった思考や心の淀みを洗い流すというイメージ。

そして弁財天は藝術の神様。

古いものを洗い流し、常に新しいもの創り出すプロセスは

これからはどんなビジネスでも必要とされているコト。

そして私たちはアートでそんなビジネスを生み続けたいと思っている。

 

世界の先進国が一神教の世界観で外交もビジネスも動いている中で、

森羅万象すべてに神が宿るという世界観をDNAに持っている私たちは

ビジネスに対しても違うアプローチができるはず。

大自然を感じさせてくれる神社に行くといつもそんな思い還らせてくれる。

 

ただ、対話はもっと大切にしていかなくてはいけないな~と実感することもしばしば。

アートを引っさげて海外に行くと必ず、宗教観について話す場面があるのだけど

無宗教だと言うと誤解されるので気をつけている。

私は森羅万象すべてに神が宿るという考え方である土着的な神道をベースに持っていると説明する。

私がマネージメントしているKuni YAZAWA のアートの世界観がそれを感じさせることもあって

とても興味を持たれ質問攻めにあうこともしばしば。

そんな時は文化交流だと言わんばかりに、かなり貧しい英語力で身振り手振りで熱く説明する。

 

友達の科学者セルちゃんは信念を持って無宗教だと整然と説明する姿には説得力があるけど

それは彼が無宗教というベースで天才科学者として日々の研究を真剣に取り組んでいるから。

 

私も森羅万象を可視化されたものである藝術がビジネスや社会を豊かにしていくプロセスを

たくさん創造していかなくてはいけない。

な~んて真剣に思いつつ、湘南のキラキラ輝く海を眺めながら、ランチミーティングに突入するのでした。

あれっ、ミーティングにワインはだめ?

ちなみにミーティングは場所も変えて夕方も。(ワインも)

鋭いミーティングになりました。

20070105133450

Comment(3)

コメント

は清兵衛です。Kuni YAZAWA さんの作品みせていただきました。とてもきれいですね。わたしも比較文化論の講義で、宗教について少しだけ勉強しましたが、「森羅万象すべてに神が宿る」という考え方を、他宗教の人に説明する、というのは大変なことだと思います。
それをこなしてしまうキミさんのバイタリティに、たくましさがうかがえます。これからもがんばってください!

清兵衛さん
コメントありがとうございます!そうなんですよね。あるITの社長とお話したときに世界を知るためにはイスラム教と知ることが大切だと「日本人のためのイスラム原論」http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%8E%9F%E8%AB%96-%E5%B0%8F%E5%AE%A4-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/dp/4797670568/sr=1-16/qid=1169190188/ref=sr_1_16/250-7214214-4398629?ie=UTF8&s=books
をその場でいただいたことがありました。いいとか間違っているかではなく、土地や自然が多様性に満ちているように、人類の成長のルールも様々。そしてつくづく日本の恵まれた宗教観(自然観)を世界に伝えたいと思いますね!

SERIZAWA

せりざわです。覚えていらっしゃいますか?
ブログをお持ちになったんですね。
宗教の本は、良書を探すのが難しいように思います。
仏教入門書を読んだのですが、正直あまり面白くなく、途中でやめてしまいました。でも、宗教観は大事ですよね。なかなか考える機会がないのが悩ましいのですが。

コメントを投稿する