オルタナティブ・ブログ > 事務局だより >

Various news of ITmedia Alternative BLOG

1位メガネ、2位ノンメガネ ~ 先週のTOP10

»

こんばんちょ~。
オルタナ番長、鈴木麻紀です。
 
ワタシには、密かな楽しみがあります。
それは「メガネ率」をカウントすること。
 
通勤電車の中、イベントやセミナーの会場、会議の最中。複数の人間が集まっていると、「メガネ、メガネ、ノンメガネ……」とカウントし、「おお、今日はメガネ率 68%だぁ」などと悦にいるわけです。だからなんだというわけではないし、メガネ男子萌え、というわけでもありません。
 
ただ、何となく好き。
 
なだけです。
ということで、先週の週間アクセスランキングを更新しました→TOPページ参照。複数エントリーがランクインしている方もいますので、それをおひとりとしてカウントすると、
 
2008/6/9~2008/6/15のアクセスTOP10 メガネ率 71% です。

 
 
ふふふ~ん、たのしー。
ちなみに、ワタシのこの楽しみに注目している人がいました。
コノ人です。さすが、計測のプロですね。
いつか、オルタナブロガーのメガネ率について、エンピリカルな検証(?)をしていただきたいものです。
 
あ、オルタナブログ通信も掲載しました。
ちなみに、筆者の森川さんはメガネです。
 

Comment(6)

コメント

言及いただき、ありがとうございます。番長のエントリを拝見している限り、メガネ率に対する並々ならぬ熱の入れようを感じます。

我々の分野で計測対象として定義するとおそらく「メガネ密度」になります。単位は(メガネ/人)です。計測対象が全員メガネをかけていれば、メガネ密度は1.0になります。

オルタナブログの上位10位において毎週人物がいれかわっても、メガネ率(密度)が一定という仮説をたて(a)、それを実際のデータで確認できれば(b)、「(a)を(b)によってエンピリカルに検証した」といえます。

メガネ率のエキスパートとしてそのような検証はいかがでしょうか。

メガネ密度! 格好イーイ、学術っぽーい。
なるほど、では「週間ランキングTOP10は、先週と同じ0.7前後で常に推移する」という仮説をたててみます。
この仮説を覆すために、森崎さん(メガネ)が必死にエントリーを書きまくって、メガネ密度1.0にしたらどうしようかとドキドキです。

ミッキー

ここ1-2年は、ギョーカイ風のデザインが流行ってますよね。フレームもおしゃれというか奇抜というか。服に合わせられるように複数の色やデザインを持っている人も少なくないはず。
元々近眼の私は常にメガネを鞄に入れています。でも片目だけ老眼が進んできて、今は右0.2、左0.8。手元を見るときは右目を、遠くを見る時は左目を使うので通常はメガネは不要なんです。(だからサングラスでおしゃれができる。)
でも悲しいかな、黄昏時になると、視力が落ちるのです。向こうから歩いてくる人の顔が見分けられないし、手元の資料の細かい字も見にくくなる。
サングラスと近眼メガネと老眼鏡を持って歩かなければならないとなるとメガネ密度は3倍?!

ミッキーさん、こんにちは。
ワタシ自身はメガネをかねないのですが、だからこそメガネに尋常ならざる憧れを持っているようです。
1人でメガネ3本も持ち歩いていらっしゃるなんて、羨ましいったら ありゃしない。
メガネ密度3.0!で良いのかしら? →森崎さん

難しいですね。「メガネ密度」で検索すると結構出てきますので、先人の考えを参考にするというのもありかと思います。番長がしっくりくるものにしていただければ。曖昧な計測尺度で一番重要なのは、愛着、一体感、没入感のように思います。

私ならば1人で複数のメガネを所有する場合には1人あたりの所有メガネ数と別に定義すると思います。そうするとメガネ密度算出に必要なメガネは視力を矯正するために着けているものを指すことに定義を改めないといけなくなりそうです..メガネを重ねて複数かけている場合には密度が1.0以上になる場合があります。あるいは同一の人が1つ以上メガネをかけている場合には1つメガネをかけているとみなす、という条件を加えるとか..
他にも上位に同一ブロガの複数エントリが入っている場合にどう数えるか等(今は同一ブロガであれば1回しか数えないルールですよね)、検討の余地がありますね。
ソフトウェアの計測でも同様のことがよく起こっています。ソースコードの行数とかも一意に決まりそうでいて実際には細かいルールを決めないとバラついて皆さん困ってらっしゃいます。ソフトウェアの計測という分野が1つの分野として認められているのはそういう難しさがあるからなのですが。

森崎さん、分かりやすい説明をありがとうございます。
定義、決めが大切ってことですね。
となると。ワタシのメガネ密度計測の原点は「いろんなメガネをかけたいろんな人がいっぱいいるさまを見るのが楽しい」なので、
・メガネ密度は、メガネをかけている/かけていないの0/1で計測
-国籍/年齢/男女などは問わない
-1人で複数本メガネをかけていても「1」
-コンタクトはビジュアル的にメガネではないので「0」
・同じ人が複数回登場しても「1」(「いろんな人が」に基づき)
・普段メガネをかけている/いないにかかわらず、計測時の状況で判断(TOP10の場合は、プロファイルの写真で判断)
その他検討事項
・サングラスは除外したいところだけど、色つきメガネ、両用メガネ、明るさによって色が変わるメガネなどがあるので要検討
ってな感じかなぁ。
なんだか、楽しくなってきたじょ。

コメントを投稿する