オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

[T-13]WindowsAzureリリースに向けての大切なお知らせ。PDC、1月、2月に何が起こるか整理しておこう

»

PDCまであと2週間となった先週末、CTP参加者向けにメールが送られていたことに
お気づきだろうか?「Preparing for the Windows Azure Platform Launch」というSubjectで
Windows Azure Platform Teamから送信されている。

例によって英語でゴチャゴチャ書かれているのは恐縮なので、ここで一度内容を整理
しておきたい。まだCTPに登録していないという方のために文末にメールの全文を
掲載しておくが、少なくとも11/17のPDC前には、登録を済ませておいていただきたい。
(詳細は伏せさせていただくが、もうすぐCTP期間も終わりだから登録パスしよう
という考えは改めた方が良さそうだとだけ言っておく)

■PDCで、多くの新機能とともにWindows Azureの正式サービスについて発表される
■2010年1月1日より、正式サービスが開始される(1ヶ月間タダで本番が使える)
■2010年2月1日より、課金が開始される(お試しの方はご注意いただきたい)

Azureでこういうことできないの?というフィードバックに応える多くの新機能が
PDCで発表されることになる。そのいくつかはPDCのセッション一覧サイト
Steve Marxのブログで紹介されているが、
Yet Another Thing… Shhhhhhhh!
という表記もあり、袋とじ的に気になるところだろう。PDCにいかれる方が身近にいれば、
レポートしてもらえるように頼んでおくのがよさそうだ。我々も日本から参加するが、
PDCでは非常に多くのセッションが予定されているため、すべてを網羅的にカバーして
お伝えするのは正直難しい。

ダイジェスト版として、TechDaysという技術カンファレンスを日本でも開催するので、
PDCにいけなかったという方は是非こちらにご参加いただきたい。

なお、CTP登録からトークン発行までの期間は引き続きかなりの日数かかってしまって
いるようでご迷惑をおかけしている点はお詫び申し上げたいところであるが、だからこそ
早めの対応で、Windows Azure上の開発環境を確保しておいていただきたい。

無償期間は2010年1月末まで。

---

Greetings from the Windows Azure Platform Team!

We hope you are enjoying your participation in one or more of the Community Technology Previews (CTPs) of the Windows® Azure™ platform (i.e., Windows Azure, SQL Azure and .NET Services). The feedback from these CTPs has proven invaluable in enhancing our services and we appreciate your participation.

In October 2008 at our Professional Developer Conference we opened the Community Technology Preview (CTP) for the Windows Azure platform (Windows Azure, SQL Azure and .NET Services). The CTP has been invaluable in terms of shaping many aspects of the Windows Azure platform.

PDC 2009 is an exciting event for all of us who are working on the Windows Azure platform as it’s our opportunity to show you the work that we’ve done over the past year, including some brand new features. The conference also marks the beginning of our transition from a CTP to a business. For your planning purposes, this post maps out the key stages of that transition that you should be aware of.

  • At PDC 2009, on      November 17th, 2009, a number of new features in Windows Azure will be      made available for the first time. The CTP will remain open through      December 31st, allowing you to experiment with the full feature platform      and to give us any final feedback.
  • Beginning      January, 2010, new customers will have to sign up for an offer to access      services on the Windows Azure platform. You’ll receive your first bill      with a $0 balance, so you can see your exact usage while still enjoying      free service.
  • On February 1,      2010, we will begin charging customers for using the Windows Azure      platform.

Making the transition in these three steps accomplishes a few goals. First, it gives you a chance to explore our full feature set for free. Second, it allows our team time to get your feedback on the new features and address any issues that arise. Finally, it lets you preview exactly how billing will work before you need to start paying.

We’d like to thank everyone who has participated in our Community Technology Preview. Windows Azure, SQL Azure and .NET Services are better products because of you. We look forward to seeing you next month at PDC 2009!

Windows Azure Platform CTP Team
Microsoft Corporation

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する