オルタナティブ・ブログ > Joomla CMSの世界 >

ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

ビジネスは丁稚奉公で学んで始まることを知らない人が多い!

»
get-started.jpg若い人達が時代の流れに飲み込まれるように起業に走っている。同時に中高年も。起業は楽ではない。起業した途端に明日の生活が自分の肩にのしかかってくる。

会社経験が豊かな中高年の方々が起業を試みているが、会社経験の中身が違うため起業にあまり役に立たない場合が多い。若い人は、会社組織のイロハも知らないで起業に向かうのだがお遊びで終わる場合が多い。

つまり、

現実と頭で考えた世界でのギャップが相当あるということを学ぶ。

これから起業しようとする若い人たちは、安定した組織がある会社に入社して会社がどのような運営をしているのかを肌で体験してから起業で本当に必要な知識や経験を見直したほうが良い。

中高年の方々は、出来るならば、若い人(会社経験がある方)が始めるベンチャー企業に参画して起業体験をされたほうが良いと私は思っている。自分が起業する前のオリエンテーションになる。

既に、起業の経験やフォーカスが明確な方々は、どうぞ、起業してください。やってみないとわからない世界ですから。

私の会社は、もう、7年目。色々と学んでいるが、まだ、まだ、満足がいく状態に発展できていない。満足が行かない状態であるから、神様がもっと工夫しろと言っているのだと思う。

簡単に満足させるとお前の人生をつまらないものにさせるから、満足いかないように仕向けているのだよとね。

最近、私のビジネスの延長戦でJoomlaユーザー集いの会を開催している。何か自分でできることをやってみないと何も面白い進展がないからだ。まだ、やってないことをやることで新しいビジネスチャンスや出会いが生まれる。これが、7年間の起業で学んだことの一つである。




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する