オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

シカゴに鳳凰殿なるものがあったのですね...

»

私の住むシアトルに、何と伊藤博文の直筆があるなんて!と驚いたことは、ずっと前にこのブログでも触れた。

でも、これ以上に驚いたのは、かつてシカゴに、それは立派な日本建築の"Hoo-den"(鳳凰殿)なるものがあったという事実。1893年のシカゴ万国博覧会の日本館として建てられたらしい。

とにかくこれほどその大きくて壮麗な日本関係の建物は、多分もはやアメリカには現存しないだろう。フランク・ロイド・ライトも、日本を訪問する以前から、この鳳凰殿には足蹴く通っていたという。

写真はこちらこちらこちらでみられるのでどうぞ。

1945年に「謎の」火事で焼失したといろいろなところで書かれているが、大変惜しいこと、です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する