オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

自分のためだけでなく、日本のために留学した世代

»

シアトル在住の日本人女性として大先輩にあたるNさんからいろいろお話をうかがう機会があった。

「私がアメリカに学部留学したのは1962年よ。外貨持ち出し制限があって、海外からの奨学金がなければ留学できなかったの。」

「留学した翌年に、ケネディ大統領の暗殺があったのよ。ベトナム戦争反対の運動も学生の間で激しく、命を落とした人もいたわね。今シリアなど中近東で起きているようなことが、アメリカでも起こっていたの。今から思うと、歴史を生きてきたのね。」

「あの頃の日本人留学生は誰も、ただ自分のために留学しているという人はいなかった。みんな、日本のために留学しているという意識があったわね。」

1962年といえば私が生まれた年。先輩方は、こういう気概をもって太平洋を渡ったのだと、初めて知った。当時は船で。

人はすべからく歴史を生きている。それを実感するかどうかは、その人にかかっている。そして、実感するためには、やはり、自分より大きい何かのために自分は存在する、というような意識が必要なのだろう。Nさんの言葉はずっしりと心にきた。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する