オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

桜コンで熱いまなざしを浴びる

»

噂には聞いていた、シアトルのアニメコンベンション「桜コン」。1998年に300人程度で始まったが、その数は年々増えて、去年の入場者は2万人近くになったとか。その桜コンで茶の湯のデモンストレーションをするため、週末ボランティアとして参加してきた。

会場には鮮やかなコスチュームに身を包んだ人達がいっぱい。私はアニメについてはトンと無知だが、とにかく、その衣装や化粧に並々ならぬ気合の入っているのはわかる。

147s 149s

私達East West Chanoyu Centerのボランティアは、会場の一部屋で、お茶のデモンストレーションを行った。

まず、Tim Olson先生が、茶の湯についての大まかな説明。聴衆は、衣装にそぐわない、熱心で真剣なまなざしで先生の話に聴き入っている。

027s

続いて、舞台に3畳の茶室をしつらえ、花茶箱点前のデモンストレーション。

010s_2

集まった人たちにとっては、本物の着物姿をじかに見られるのが、何よりもの収穫だったようだ。きっかけはアニメでもマンガでもいい。こうして若い人たちが日本文化に興味を持ってくれるのは、うれしい限り、です。

138s_3

ボランティアに参加した人とグループ写真

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する