オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

植物を編む

»

草月の生花では、自由花とはいっても、表現したいテーマを考えて活ける。

今回は、「足元を見せる構成」と「植物を編む」というテーマを意識して活けた。

下は全体の写真。池坊のように、足元をすっきりと見せた。チューリップは葉をすべて落として、細い茎を強調するようにした。

Img_0991

全体写真ではあまりわからないので、葉の部分をクロースアップしたのが下の写真。葉っぱが交差しているのが見えますか?

Img_0992

生花の楽しさは、出来上がった作品をめでるのよりも、実際に活けるプロセスにある、のです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する