顧客サービスとITのおいしい関係を考える

Drupalビジネスコンソーシアム始まります。 #Drupal

»

Drupalビジネスコンソーシアム準備委員会は、「Drupalビジネスコンソーシアム」(略称:DBCJ)が正式に発足したことを、9月2日に発表しました。

「Drupal」(ドゥルーパル)は、企業システムの素早い構築や市場の変化に対応したシステム修正を可能にするオープンソースソフトウェアの開発フレームワークです。

私は以前からなるべくプログラムを書かずにシステムを開発できる方法に興味を持っています。5年ほど前には当ブログで「楽々フレームワークで楽をする【前編】 」 「楽々フレームワークで楽をする【後編】 」 を書きました。

その延長上で近頃注力しているのが、サイボウズの kintone です。kintone は純国産のユーザーにわかりやすいインタフェースを持った優れた開発プラットフォームです。とは言え、「ファストシステム」をコンセプトとしていて、現場の業務ユーザーが手軽に短期間でシステム開発することを優先しているため、独自の画面遷移が必要な大規模開発は、本来の用途からはずれます。

本格的なシステム開発向けの開発フレームワークの分野では、Drupalに注目していました。Drupalビジネスコンソーシアムができたことで、これから日本でDrupalが普及することを期待しています。

Drupalビジネスコンソーシアムが第1回のセミナー&説明会を開催します。Drupalに興味がある方はご参加ください。

Drupalビジネスコンソーシアム説明会
http://kokucheese.com/event/index/211360/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する