人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

上品なシニアに会った話。

»

1か月前のことだが、ホテルのレストラン(朝食)で、一人のシニア(私よりちょっと上くらいかしら。60歳くらい?)の男性が案内されていた。私も違う係員に案内され、ほぼ同じルートを歩いていたので、何となく会話が聞こえたのだが、その男性の係員に対する話し方が非常に丁寧なのに気づいた。

「こちらから料理を取っていけばよろしいですか?」

「この新聞はいただいてもよろしいものでしょうか?」

「なるほど、〇〇ですね」

すべて「ですます」なのだ。

経験上、こういう時、年長の男性(女性もだが)、係員にはため口というか、「ですます」ではない口調で話すことが多い。

「ここから料理を取っていけばいいの?」

「この新聞、いい?」

「わかった」

といったぶっきらぼうな話し方だ。

少し丁寧めに話す人でも、

「ここから料理を取ればいいんですか?」

くらいだが、このシニア男性は、

「こちらから料理を取っていけばよろしいですか?」

と非常に丁寧だったので、耳に残ったのだ。

たたずまいもとても上品な方だった。

品のよい言葉遣いで他者と接する人になりたいなぁと、私も気を付けよう、意識しようと再度思ったのだった。

・・・・

で、ちょっと前に、それとは逆のシニアをネタにコラムを書いたので、よろしくお願いします。

日経BizGate「シニアの気になる言葉遣い。なぜ、話し方が偉そうなのか?

========================

たしか、この本に出てくるシニアの話し方が非常に丁寧だった、という記憶がある。(たぶん、なのだけれど)

(シニア本を20冊以上読んだので、ちょっと自信がない。自信76%くらいです)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する