人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「働け!方」改革。

»

「残業禁止なんで、朝1時間早く出ているんですよ」

...

って何言ってんだか意味わからない。

残業という言葉が悪いんだなぁー。

前職は、外資系だったこともあり、英語表現が飛び交っていましたが、残業に相当する言葉は、「Over Time」といっていました。つまりは、所定労働時間からOverしたら、朝だろうが夜だろうが、いわゆる「残業」ってことですね。

『残業せずに定時に帰るための工夫!』といったタイトルの本を読むと、
「朝の静かな時間に誰よりも早く出社して、電話などの邪魔も入らないうちに仕事を片づけると、通常の1.5倍の生産性になって、だから、朝の1.5時間によって夕方はサクッと定時に帰れます」なんて書いてあったりする。

「ほら、すごいでしょ、このタイムマネジメント!この生産性向上!」

・・・嘘だ。

だまされるな!と本に向かって叫んでしまいました。

定時(終業時間)に帰るだけであって、朝の定時は守っていない。まやかしだ!


・・・・

最近、「働き方改革」の御旗の元に、あちこちから聞こえてくる事例が、たいていの場合、「え?なにそれ?」とおもうもので、語り部たちの口調にも悲哀が感じられ・・・


「残業するな、したいなら、早く来い」みたいなこと、言われているとしたら、

それ、もう「働け!方改革」ですよね。

=========================

★Facebook Pageを開設しています。

私のWebコラム、雑誌コラム、インタビュー記事などもこちらに集約しています。

忘れたころに、読んだ本の紹介をすることもあります。

Comment(2)

コメント

かごめ

以前から同様のこと、ずっと思ってました。
うちの会社も長時間労働是正プロジェクトが開催された時、全く同じ提案をしている役員がいて一気にやる気がなくなりました。

ひづくり よういち

「働き方改革」って、誰の働き方を誰が何のために改革するんだか、サッパリわからないんですよね^^;。

コメントを投稿する