海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

ツイッターが新たなフラッシュマーケティング広告 EarlyBird を計画中

»

ツイッターの収益化がさらに加速しそうだ。

最初の収益源は全ツイートにアクセスできるAPI(通称ファイヤーホース)の提供だった。2009年10月のGoogleを皮切りに,Bing,Yahooと立て続けに契約。推定30億円とも言われる巨額の年間ライセンスを獲得し,黒字化に成功した。

続いて2010年4月,ツイッター初の広告サービスとして話題になったPromoted Tweetsを開始,さらに2010年6月には,その付加オプションPromoted Trendsもスタートさせた。

また2010年5月には,企業向けサービスBusiness Centerが実験的に開始されたとMashableが報じている。

【関連記事】
ツイッターに新しい収益源,広告トレンド "Promoted Trends  (6/12) 
ツイッターが企業向けサービス,Twitter Business Centerを限定的に開始 (5/12) 
ツイッターが開始した広告事業,Promoted Adsに関する多面的な考察 (4/14) 
Twitter社が全ツイートにアクセスできるAPIをベンチャーに開放!その真意を探る (3/2) 

 
そして2日前,さらなる広告系収益源が開始されるとのニュースが ReadWriteWeb(元記事) に掲載された。その名もEarlyBird(米国では開店と同時に来る客をEarly-Bird Customerと呼ぶ)。非公開ユーザーだが,すでにアカウント(@earlybird)は開設されている。

Earlybird

 
記事によると,このEarlyBirdは限定商品を提供する総合アカウントになるようだ。Dell Outletが2年あまりでアウトレット商品を6億円以上売上げたのは有名な話だが,これはDell Outletが100万人以上のフォロワーを持つことに起因している。

おそらくこのEarlyBirdサービスは,そのような大規模アカウントを持たない企業でも,すぐに限定商品販売やタイムセールができるような有償窓口を提供することにあるのだろう。そしてこれは大きなトレンドになるであろう「フラッシュ・マーケティング」に通じるサービスだ。

【参考記事】
Ron ConwayがSV Angelに$20Mを投資–これから伸びる「三大メガトレンド」を語る (TechCrunch, 4/23)
 
例えば @EarlyBirdElectronics,@EarlyBirdBooks,@EarlyBirdMusic などとの製品別展開や,@EarlyBirdNewYork,@EarlyBirdTokyo などと都市別展開などの応用パターンが考えられ,その意味ではGrouponの競合サービスにもなりうるものだ。

【参考記事】
創業2年で売上300億円超,利益40億円超。ソーシャルコマース"Groupon" 成功の秘密 (5/6) 
 
 
ちなみに,ReadWriteWeb記者がEarlyBirdについてTwitter社に問い合わせたところ,次のようなメッセージ(太字部分)が返って来たとのことだ。

Carolyn Penner, friendly communication contact at Twitter Inc., said to us by email after publication: "There are interesting things in store for @earlybird. Keep waking up early and you might be the first to find out what they are."

それにしてもツイッターの収益作戦はよく練られている。ファイヤーホース提供,Promoted Tweets,Promoted Trends,Early Birdと,いずれもユーザーの利便性を高めながら,実に自然に,かつ迅速に収益化をすすめている。このビジネス感覚は大いに見習いたいところだ。

 
 

【自薦記事】
「ソーシャルグラフ」ってなんだろう? - その意味やビジネス価値,争奪戦まで総まとめ (6/21) 
位置情報サービスで注目される14アプリ総まとめ。 Foursquare,Gowalla,Yelp,コロプラ・・・ (4/6) 
ループスのB2Bフリーミアム・モデル ~ 自社ソーシャルメディア活用とその効果を公開 (3/31) 
プレゼンテーションZenに学ぶ 「プレゼンはシンプルで行こう」 (2/22) 
米国ザッポス「顧客にWOW!をお届けする」奇跡の経営,その本質を探る (12/5) 

 
 

斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する