プロダクトマネジメントとイノベーション

STAP細胞論文 - 捏造か否かに興味はない

»

本日、理化学研の調査委は、かねて疑義のあったSTAP細胞論文についてねつ造があったと報告した。対して、小保方晴子研究ユニットリーダーはその断定に「承服できない」と反論している。

聞くところによれば、文科省ではこのような不正行為を「捏造」「改ざん」「盗用」の3種類で区分しているそうで、今回はその中でもっとも重度の高い「捏造」と断定されたことで、喧騒が高まっている。

一連の問題で、理研の野依理事長は何度も頭を下げた。ノーベル受賞者が公衆の面前でこんなに頭を下げたことはないだろう。まことに残念至極な出来事だ。

しかし、私はそこに捏造があったのかどうかということにほとんど興味がない。

興味の大半は、STAP細胞が本当に存在するのかどうか、我々人類は果たしてそのような神の領域に立ち入ったのかどうかということにある。

理研を始め、本研究に携わっている人の次の使命は、今回の研究体制の不備といった矮小なことではなく、STAP細胞を見たのかどうかを速やかに検証して報告することだろう。捏造かどうかは関係者のみの問題だが、この細胞の有無は人類60億の将来を左右するのだ。

無ければ無いで良い。

今回の発表に触発された数百人、数千人の研究者が次を担えば良いのだ。それが宇宙の落とし子である人類の営みである。

Comment(1)

コメント

TETSU

確かに、自分もそんなに興味はなくなくなっている、、一流の研究者をこんな作業につかせても何のメリットもないと思うし、国家の損失でしかないかと。
仮に捏造だったら、その論文を無視することが、一番無駄が少ないんじゃないかと思うこのごろです(^^;
あと今回の騒動で、生物学の学会も派閥争いがあって、内部がグダグダなことがわかって・・ネットが騒ぐだけでなく、同じ分野の人から叩かれているようなのも見えてしまっているのは悲しいですね。

生物学の常識を覆す研究だったので、今後続くかどうかわかりませんが、せっかく新しい可能性が(細胞に負荷を与えて初期化するようなもの自体は他にも沢山発見されているようだし)あるなら研究を続けて欲しいかと思います。

コメントを投稿する