予測できないITの行く先を、あちこち歩きながら考えてみます

10代の男子に人気トップの職業が“プログラマー”だ!

»

お風呂上がりに、なにげなくつけていたNHKの番組から。博報堂生活総合研究所によると、10代の男子がなりたい職業の第1位はプログラマー、コンピュータ関係なんだそうです。今回もAjaxのことを書くつもりだったのですが、急遽変更。

以下、10代男子がなりたい職業のベスト3をテレビの画面をみながら急いでメモをしました。

1位 コンピュータ関係、プログラマー
2位 公務員
3位 薬剤師、弁護士、教師、アーティスト

2位の公務員というのが、なんだか泣かせます。それにしても、野球選手とかサッカー選手はどこへ行った? 続いて女子。

1位 保育士
2位 学校の先生
3位 キャビンアテンダント、医師

こちらはさすがにコンピューター関係はでてきませんね。

これを説明していたのはNHK教育テレビの「視点・論点」という番組で、解説していたのは博報堂生活研究所研究員の中村恭子氏。中村氏は、上位に専門性の高い職業(プログラマー、薬剤師、弁護士)が並んだことについて「(いまの10代は)記憶の片隅にも好景気の記憶がない。時代に元気があって昇っていく感覚より、下がっていく感覚をリアルに感じている」ことが背景にあり、それが、専門性が高い職業を選ぶことで安定志向になっていくのではないか、と分析していました。

10代といえば、だいたい小学校4年生から大学2年生のあたりまでと考えると、さすがにスポーツ選手のような夢のような職業が1位になることはないのでしょう。

コンピューター関係の仕事はそれなりに人気があるとは思っていましたが、それにしても第1位ですよ。いま現役のエンジニアのみなさんは、“10代に人気の職業に就いている”先輩として胸を張れると思います。

それに@ITの読者もこれからまだまだ増える、ということでしょうかね :-)

1月17日追記:
コメント欄でご指摘いただいたように、この調査はインターネットを通じて行われたようです。その分のバイアスを差し引いて結果をみなければなりませんね。恐らく下記の結果を番組で用いたのだと思います。コメント頂いた半日庵さん、ありがとうございました。
o 博報堂生活研究所リリース
「『失われた10年』に、生まれ育った男の子の意識 」調査
「1986年以降に生まれた10代女の子の実態 」調査

Comment(6)

コメント

博報堂のサイトを見てみると、この調査はインターネットを使って一都三県の16歳~19歳を対象に行なわれたようです。スポーツ選手が入っていないのも、コンピュータ関係の職業が上位にはいっているのも、この調査対象と調査方法から順当な印象を受けます。
インターネット調査であればコンピュータに関わる職業が上位に入ることに違和感はありません。この手の統計は調査方法まで見る必要があるということだと思います。

初めまして、うずらんです。
下のTBが2重になってしまいました、すみません…><
削除お願いします。

>半日庵さん
>この調査はインターネットを使って一都三県の16歳~19歳を対象に行なわれたようです。
ですよね…何でこんなに現実的な回答になったのか、また何故プログラマーなのかよく分かりました。

でも何故2位が公務員なのか…その年齢にしても、夢無いなぁと思いました。

うずらんさん、はじめまして、
公務員が夢がないと感じるのは同感です。しかし、見方を変えれば、、国家公務員を目指して、「国を動かすような仕事をしたい」という夢のある理由かもしれません。調査地域が関東圏ということで国家公務員が地方より身近なはずです。
でも現実は、うずらんさんがブログで書いているようにネットの情報でその職業の大変な面がすぐに分ってしまうから、楽そうなもの(実際は情報が少ないものかな)に流れている気がします。

こんにちは、うずらんです。

>国家公務員を目指して、「国を動かすような仕事をしたい」という夢のある理由かもしれません。調査地域が関東圏ということで国家公務員が地方より身近なはずです。

あ、そうか。都会の方が身近…なるほどなるほど。
でも、友達にいたらちょっと怖かったかもしれません…(笑)

ブロードバンドの達人

プログラマーは長時間勤務で残業が多く東証のバグなどのシステム障害で解る様に社長や会長の進退問題に発展してしまう!という事実を10代の若者は知っているのだろうか?非常に疑問である?

ゾフィ

↓んなの読んだんですかね、ティーンズ男子は。:)

 -らいおんの隠れ家 - ポール・グレアム「就職なんてもう古い」
http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20060110

コメントを投稿する