日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

【黄金の金曜日】学校では教えてくれなかった…

»

★今週のお題★
「学校では教えてくれなかった…」

少年老い易く学成り難し。社会に出てから、
「これは学校で学ばせておいたほうがいい!」
と思った知識・スキルなどはありますか?
「学校」のイメージとしては高校以下くらいですかね。

(例)
・ ファイナンシャルプランニングの概念は高校で教えておくべき!(おかげで今苦労しています)
・ 図解のスキルをもっと早く学んでいたら…中学校で学んでおきたかった。
・ 自分の、あるいは他人の「うつ」との付き合い方。重いテーマだが早めに!

トラックバック / コメント をお待ちしております。

(「黄金の金曜日」についてはこ のエントリ をお読みください)

先週のお題は「文化」。皆さんありがとうございました。文化の香り高いレスポンスばかり。皆さん大したものだ!

Emie Kayamaさん「ダンス」。チラシありがとうございます!
NEROさん「流されない」。『「周囲がどうあろうと、自分の芯を見つめてこつこつ進んでいく。でも頑迷でもなく、自己満足でもない」』という姿勢が文化として浸透するといいな、ということ。
conducさん「情報公開」。金曜でなくても、翌週になってもOKですからね。
ravenさん「肯定文化」。素晴らしいエントリでした。

Shingoさんは「知らない人同士だったとしても、道で偶然目が合ったらにっこりする」文化。現在のお住まい(スイスでしたよね?)近辺ではいかがでしょうか。
jniinoさんはShingoさんから派生して「気軽に話しかけてもいい」文化。
mohnoさんは「煙草を吸わない」文化。
sapphireさんは「金曜日(土日が出勤の方には申し訳ないけど)は早帰り!」な文化。
で、僕が「分かりやすさ」が重んじられる文化。

さて今週のお題。ビジネスリテラシー研修が事業ドメインの一つである弊社からすると我が首を絞めかねない発想ですが、基礎的な問題解決の方法論は、高校の科目に入っていてもいい気がします。

Comment(4)

コメント

お邪魔します。
話す力、議論する力、ですね。
日本の教育は、先生が一方的に喋るだけなので、学生は議論する力がない。ぜひ、議論して欲しいですね。

kakikizari

スピーチ。プレゼン。
議論する力に似てますが、これもすごい大事ですよね。

mohno

右に同じ。:-)
“和”を重んじるのもいいですが、“根回し”じゃなく、理路整然と議論する姿勢を身につけないとね。
それと、「作文」または「日本語」。“教えてくれなかった”ものじゃないはずですが、巷にあふれる「正しい日本語」本の多いこと:-<
ちなみに、前回のエントリで書いたのは「煙草を吸わない」文化ではなく、「見知らぬ人が近くにいたときに「吸ってもいいですか?」と声を掛ける」文化です^_^; 密室で何を吸おうと自由:-p (嘘)

chopper

あえて「教えてもらったことだけでは人生は歩めない」ということを教えて欲しいです。
学問は先生から生徒へ教えられるものですが、そこから何かを生み出すとか、道を切り開いていくとか、結果的に自分で悩んで考えて決めていかなければならないことが人生にはあるのだ、ということを教えて欲しいと思います。
最近、「誰かが教えてくれる」「誰かが助けてくれる」みたいな甘え構造があるように感じます。その延長線上に「誰も教えてくれなかった」「誰も助けてくれなかった」という不満が沸き起こり、怒りとなって爆発するのではないでしょうか。運良く助けてくれる人がいても運悪くあまり良い結果にならなかったら、助けてくれた人に不満をぶつける始末。
自分自身のことは(結果はともかく)自分自身で声をあげて助けを求めたり、自分自身で眠れないくらい悩んだり泣いたり・・・そういうことを繰り返して人生を歩んで行くのではないでしょうか。
良くも悪くも我が人生、自分が納得して決めたことなら良いことも悪いことも快く前向きに受け入れられるのですから。

コメントを投稿する