オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

2011年3月15日発売のNECカシオモバイルコミュニケーションズ初のAndroidスマフォ『MEDIAS N-04C』をチェック!!:【4】ハードカバー&保護フィルム装着編

»
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震ならびにその余震等で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆様の復興ならびに復旧を祈念しております。
また、当ブログでは、従前通りのコンテンツを掲載させていただくつもりでおりますが、当面の間、地震関連の情報やバナーなどをコンテンツの合間に掲載させて頂きますので、ご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。

_hr_green

◆野球界の震災への取り組みや動き
既に多くのアスリート個人や仲間を集っての義援金募金などの活動が広まっています。 スポーツ選手は夢や希望といった心に与える影響も、ファンなどの行動に与える影響も非常に大きいので、とても嬉しくありがたいという思いでいっぱいです。
-
個々ばかりではなく、組織・チームとしての動きも当然注目をされていますが、多少の野球経験がある私として、特に注目する野球界の動きについて少々書かせて頂きます。
-
・全日本リトル野球協会リトルリーグ委員会 リトルリーグ委員会
 『東日本大震災の影響について 日韓戦など中止』(2011/03/11)
 http://www.japanlittle.jp/index2.html
-
 東北エリアの連盟の被災状況・春季大会中止、茨城県を含む東関東連盟・東京連盟の春季大会中止、日韓親善交流大会中止について伝えています。
-
被災地の子供たちは、さぞかし大会を楽しみに待ち望んでいたであろうこと、そして被災地・被災者への配慮、今後のリスクなどから中止を判断されたと思います。
お手伝いしている杉並リトルリーグも6年ぶり復活後の最初の大会ということで楽しみにしていた選手の気持ちを考えると、胸が痛みますが、今回の分も、次の大会にパワーを蓄え、その思いをぶつけて欲しいと願っています。
-
・春のセンバツ高校野球
(第83回選抜高校野球大会、毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)
 『第83回センバツ高校野球:開催決定 「がんばろう!日本」掲げ、23日から』(2011/03/18)
 http://bit.ly/Senbatsu2011
-
入場料収入からの義援金募金やナイター試合回避を目標とするなどの前提での開催を決定しましたが、東北高校選手たちの出発シーンや甲子園練習は、大きな感動と被災地に力を与えてくれるのではないかと信じて疑いません。
茨城県水城高校の選手も、県内被災地・被災者への思いをしっかりと話していて、「頑張れ!」と応援したい気持ちでいっぱいになりました。
-
・プロ野球
多くの報道がなされているので、『なんで?』という思いの方も多数いらっしゃると思いますが、セントラル・リーグ(セントラル野球連盟)とパシフィック・リーグ(パシフィック野球連盟)は、完全に別な動きとなっています。(せめて、このような有事の際には、一枚岩で1つのプロ野球としてまとまって欲しいところではありますが。)
-
パシフィック・リーグ
『東日本大震災関連 パ・リーグ年度選手権試合対応について』(2011/03/17)

http://pacific.npb.or.jp/pacific/infor2011_1.html

『東北楽天ゴールデンイーグルスが東北地方の宮城県をフランチャイズとすること及び上記非常事態や大きな影響などに鑑み、2011年3月25日に開幕を予定した2011年パ・リーグ年度選手権試合(レギュラーシーズン)開幕を延期し、2011年4月12日を開幕日とすることを決定』
-

セントラル・リーグ
『被災地の皆様、ファンの皆様へ』(2011/03/17)

http://www.npb.or.jp/CGI/cl/kiroku_put.cgi?key=new&type=3

『観客、選手の安全確保を最優先し、実行委員会の決定に沿って、3月25日の開幕に向けて準備を整えていきます。』
-

驚くほど全く違う発表がなされましたが、翌3月18日には、プロ野球の監督官庁である文部科学省および経済産業省・節電啓発等担当相からセ・リーグの特にナイター(夜の照明を必要とする試合)についての指摘がなされ、結果として19日にセ・リーグの開催を25日からとする(多くの人は『僅か』という単語を前に付けると思いますが)旨を発表しました。

これを受けて選手会会長の新井貴浩選手(阪神タイガース)は、17日の発表時点でさえも、開幕延期が却下され『悔しい』『残念』と語っていたわけですが、『予想していなかった』『セ・パ同時開幕と言ってきた』ということで、困惑の表情。 さらに、12球団の選手会と協議の上という選手はリーグをまたいでの一枚岩である事を前提に今日明日以降に、選手会としての会見を行うことになります。

一方で、電力の問題ですが、通常、東京ドームのナイター開催時に4万キロワット・4,000世帯相当の消費電力が掛るものを40%以上の省電力を図るという報道がなされています。

つまり2.4万キロワット・2,400世帯相当の消費電力ということになるかと思います。 球場近隣のみならず、この2.4万キロワットが与える影響については存じていないのですが、球場に足を運ぶ人の世帯での消費電力の減少と比してどうなのだろうかということが、報道などでは見れていないのですが、満員は無いとして4万人ならばとか、1万人ならばとか、その世帯によっても来場者層にも依るかと思いますが、もう少し影響についても考えてみても良いのではないかと思います。

春のセンバツしかり、更に米国メジャーリーグでも、既に何球団も開幕戦から(6試合という球団も)チャリティーゲームとして義援金に収益を募金する旨の発表がなされるなど、その動きは、とても嬉しくありがたいものとして映りますが、日本のプロ野球が、特に29日開催とするセントラル・リーグがどのような取り組みをするのか、注目します。

-

_hr_green

Blogtitle_medias_n04c

NECカシオモバイルコミュニケーションズ初のAndroidスマフォ『MEDIAS N-04C』をチェック!!
【4】ハードカバー&保護フィルム装着編

本シリーズも4回目となりますが、流れのないまま進めてしまい、今回は、ハードカバーと保護フィルムの装着についてです。

私、保護フィルムを張るのが苦手なのですが、今回は気泡の入らない固めのタイプで、カンタンにうまくいったので、動画掲載&ブログに掲載することにしました。

まずは店頭でアクセサリのチェックですが、3月15日のビックカメラ有楽町店では、ケータイアクセサリーコーナーが一杯だからか、なぜかau端末コーナーの裏手にひっそりと『MEDIASアクセサリコーナー』として独立してディスプレイされていました。

Medias_n04c__buffalo_hard_case_02

ソフト・ハードカバーや保護フィルムが多数ありましたが、3月20日の店頭は、この写真の半分以下で欠品多数といった状態でした。 

MEDIASに装着するハードカバーは、本体の形状の凸凹に合わせたフルカバー(ソフトタイプとハードタイプ)と、凸の先端=裏面半分ほどにかぶせるハーフカバーの2種類があります。

Medias_n04c__buffalo_hard_case_03 Medias_n04c__buffalo_hard_case_04

カメラ部分の切り欠けていたりする点が今一つということと、この凸凹で握りにくかったり、音量ボタンが押しにくい状態だったので、迷わずにバッファローコクヨサプライ(iBUFFALO)のMEDIAS N-04C Hard case(ハードケース 保護フィルム付き) を選択しました。

いや、本当は少しだけ迷いました。 カラーバリエーションは9種類ほどあったのですが、塗装の仕上がりとして、見えない裏面とはいえ・・・

Medias_n04c__buffalo_hard_case_05

表を塗ったときにカバーを乗せた四角い跡が2つ以上ずつ付いているのが少し気になったので、15日には購入をためらいました。

在庫十分だったので、裏面のスプレー跡も目立たない本体と同じホワイトにしようと考えていましたが、既に欠品となっていたので、本体表面のカラーに近いシルバーを選択しました。

Medias_n04c__buffalo_hard_case_01

とりあえずの保護シートも付いてくるので、1,780円とチョイ高めですが、『表面』の仕上がりは一番良かったので、納得してのチョイスです。(裏面キッチリ塗って2,000円とかになったら嫌ですかならね。

ということで、ハードケースの装着と、保護フィルム装着の動画でもご確認頂けます。

-

以上、Android端末の購入検討時、あるいは、初めてのAndroid端末として『MEDIAS N-04C』を購入された方などのお役に立てれば幸いです。

_hr_green

◆Googleの震災への取り組み

_hr_green

◆ NECカシオモバイルコミュニケーションズ初のAndroidスマフォ『MEDIAS N-04C』をチェック!!

-

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する