国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

教えて!goo「SIM通」SIMブロガーイベント参加レポート

»

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 

契約数が1200万超と順調に伸ばして勢いを増しているMVNOですが、そんなMVNOのSIMにフォーカスしたイベントが3月18日にNTTレゾナントにて開催されたので、参加レポートを。。。今年の初記事ですね(汗

今回イベントは、NTTコミュニケーションズのグループ企業であるNTTレゾナント社が主催で、教えて!gooで展開しているSIMカード徹底ガイドコーナー「SIM通」、同社の展開するSIM関連専門ショップSimSeller(本店楽天市場店Yahoo!ショッピング店 )担当者や、SIMフリーなASUS製品担当者による解説やディスカッション、そしてASUS製品のタッチ&トライ、ASUS製品争奪ジャンケン大会というイベント構成で、意外にも女性参加者が多く、よくあるスマートフォン製品のブロガーイベントとは参加者層が異なっていることからもMVNOのSIMが徐々に浸透してきていると感じられました。

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」  SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 
来場者へのおみやげ・軽食と、それを喜ぶ怪しいジャーナリスト一条氏

来場者には豪華なおみやげと軽食が用意されており、中にはNTTコミュニケーションズのOCNモバイルONE のnanoSIMカードとnanoSIMアダプターが含まれており、来場者のテンションが高まったところで、アプリソムリエの石井寛子さんが司会進行によりイベントがスタートしました。

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 アプリソムリエの石井寛子さん
アプリソムリエの石井寛子さん  

教えて!goo「SIM通」とは?

まずは、教えて!goo SIM通編集部の小池章夫氏からSIM通について紹介。

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 教えて!goo SIM通編集部の小池章夫氏 SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 教えて!goo SIM通編集部の川俣直樹氏 緊張気味の教えて!goo SIM通編集部の小池章夫氏と場慣れしてる川俣直樹氏

SIM通は、2013年10月1日にサイトをオープンして6か月目。毎日独自のSIMに関するコンテンツを掲載しており、SIMカードの基本情報、料金・スペックまとめ情報、ランキング、購入ガイドなど、SIM購入を検討するユーザをサポートする「教えて!goo」らしい展開をしています。

SIMブロガーイベントを教えて!

SIMカードランキングを確認すると、1位・2位が日本通信、3位・4位がOCN、5位がSo-netとなっている。 また、SIMカード比較情報は、「1,000円未満/月プラン」「1,000円以上/月プラン」「複数枚/月プラン」「SMS付きプラン」「プリペイドプラン」「音声通話プラン」という独自の切り口で各社のSIM情報を一覧形式で掲載しており、購入前のチェックにはかなり便利なコンテンツです。

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 教えて!goo SIM通 SIMカード比較情報
SIMカード比較情報はMVNO SIMの選定に便利  

SimSellerでは、NTTのコミュニケーションズのグループということで扱っているSIMはOCNモバイルONEのみだが、SIMフリー端末(スマートフォン、タブレット、Wi-Fiルータ、デジカメ、ゲーム機)とのセット販売も行われており、MVNO初心者にとっては買いやすいショップといえるでしょう。

また、今回のイベント開催の主旨は、SIM通で今後のSIM普及を応援するブロガーを探しており、4月以降にSIM Q&A質問募集キャンペーン、5月にはイベント第2弾としてSIM Q&A回答イベントの櫂アイを予定しており、6月からは教えて!gooとコラボしたSIM Q&Aプロジェクトを始動する予定とのことです。 ブロガー連携によるSIM関連コンテンツアグリゲーションにより、量・質ともにSIM通のコンテンツが充実していくことが期待できそうです。  

SIM対談

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUSシステムビジネス部テクニカルプロダクトエンジニアのAndy氏 SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUSマーケティング部システム・プロダクトマーケティングスペシャリストのSeikoさん ASUSシステムビジネス部テクニカルプロダクトエンジニアのAndy氏と
マーケティング部システム・プロダクトマーケティングスペシャリストのSeikoさん

ゲストのASUSからは、システムビジネス部テクニカルプロダクトエンジニアのAndy氏、マーケティング部システム・プロダクトマーケティングスペシャリストのSeikoさんが登壇し、会社概要、プロダクトラインナップなどの紹介、SIMフリー製品の取り組み、国内向けAndroid製品を初期から担当しているAndy氏の最新OS対応や品質テストの維持苦労話などがありました。

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS

SIMフリータブレットのユーザ層としては、30代後半から40・50代の男性・リテラシーが高い人が中心となっているが、今後は女性や高齢者にも広く使って欲しいと考えているという。「特に女性はコレよりも大切な(美容など)ことがいっぱいあり、お金が掛かる」ので、廉価なSIM+SIMフリー端末が良いということです。

具体的なユースケースとして、コミック調のコンテンツ「デキるオトナのFonepad」 や「SIMフリーまるわかりガイド」 など、大人ビギナー向けにわかりやすい情報を提供していることで、裾野を広げていこうという取り組みは重要ですね。

SIM通の各記事アクセスランキングをチェックすると、購入直前のユーザが多く、初心者も増加傾向にあると分析している。 初心者向け販売動向としては、年明けから問い合わせが昨年秋と対比して250~300%と大幅に増加しており、質問内容がビギナーのものが多く、販売にも繋がっているということです。

ページビューも2倍以上に増え、販売も5倍近くまで伸びているということで、MVNOのSIMがより広いターゲットが購入しはじめていると推察していました。
 

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS

goo SimSellerからは、最近オープンしたばかりの本店・田谷さん、楽天市場店・木藤氏、Yahoo!店・久保氏が登壇し、各ショップごとの購買者特性についての話がありました。

SIMブロガーイベントを教えて! goo SimSeller 楽天市場店・木藤氏 SIMブロガーイベントを教えて! goo SimSeller 楽天市場店・木藤氏 goo SimSeller 楽天市場店・木藤氏

楽天市場店は、昨年5月にオープンしており、購買層は男性が8割程度、40~50代がその6割り程度=全体の約半分で、通勤途中に使用する回線として活用されているようだ。販売面での特徴は、ポイントを還元することをアピールしており、本記事執筆時点ではポイント10倍キャンペーンを実施しています。(3月30日9:59まで)
 

SIMブロガーイベントを教えて!goo SimSeller Yahoo!店・久保氏 SIMブロガーイベントを教えて!goo SimSeller Yahoo!店・久保氏 goo SimSeller Yahoo!店・久保氏

SIMブロガーイベントを教えて!goo SimSeller Yahoo!店・久保氏
ポイント15倍、クーポン利用で1,000円引きのYahoo!店  

Yahoo!店は、昨年9月にオープンしており、購買層は楽天と同様に男性が8割だが、購入層は若干若く30~40代で、平日の昼休み時間のアクセスが多いということで、販売チャネルの違い=ユーザ層の違いに繋がり、マルチチャンネル展開はうまくいっているといえるでしょう。また、SIM単品は3割程度に留まっており、ルーターなどのセット商品が残りの7割を占めていることからも、ビギナーにリーチしていることが想定できます。 

販売面での特徴は、Yahoo!ショッピングの出店料がゼロとなり、コストが下がった分をポイントやクーポンでユーザに還元することで、他店よりも安くできることを強みとしているということで、本記事執筆時点では、ポイント15倍、クーポン利用で1,000円引きというキャンペーンを実施していました。

SIMブロガーイベントを教えて!goo SimSeller 本店・田谷さん
goo SimSeller 本店は女性店長の田谷さん

本店は、1月にオープンしたばかりで、購買層は他店同様に男性が多いが、女性店長としてMVNOのSIMをしらない女性や学生をターゲットとしているとのこと。 販売面での特徴は、OCN光withフレッツとのセットで43,000円キャッシュバック+商品割引(最大2万円)キャンペーンを実施しており、春の引越シーズンにはベストマッチですね。
 

SIMブロガーイベントを教えて!goo SimSeller 本店・田谷さん

ASUS製品タッチ&トライ・SIMフリー端末争奪ジャンケン大会

セッションがおわり、現行のNexus7やFonepad7などが展示されている別室でのASUS製品タッチ&トライが実施され、引き続きSIMフリー端末4台の争奪のジャンケン大会が実施されました。

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUSSIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS
女性ブロガーがFonepad7をチェック

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUSSIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS

熱気あふれるなか、貴重な女性ブロガー2名が勝利し、AppComingでもお世話になっているメディア参加していたミートロイドの方が最後の1台を手にするなど、イベントは大盛況のうちに終了しました。

SIMブロガーイベントを教えて!goo「SIM通」 ASUS
おそるべしミートロイド

また、昨日、NTTドコモは、MVNO向けの接続料を最大56.6%も値下げすることを発表 しました。

NTTドコモは、MVNO向けの接続料を最大56.6%も値下げ

春以降、MVNOによるSIMの料金がさらなる低価格化が進み、MVNO各社の競争も激化するだろう。 結果として、幅広い層の消費者におけるルーター、タブレットやスマホなどの複数回線需要に応えることとなり、MVNO SIMの市場はさらに拡大することが予想されます。

ヘビーユーザは、ドコモの月サポもりもりな回線を保有していることが多く、MVNO SIMのニーズは低かったかもしれませんが、それら回線が2年満期を迎えはじめており、MNPキャッシュバック施策が4月以降は沈静化することなどから、MVNO SIMがヘビーユーザの実需としても利用されるとなれば、さらに市場拡大のスピードが加速していく可能性もあるでしょう。
 


Fans:Fans

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する