Various news of ITmedia Alternative BLOG

ブロガー執筆書籍紹介 ぴょんぴょんウサギとのろのろカメの経営法則

»

オルタナティブ・ブロガーの執筆書籍をご案内する本シリーズ、第84回は中小企業と地域のブランディングで日本を元気に!藤井 正隆さん執筆、『ぴょんぴょんウサギとのろのろカメの経営法則』です。

 

 

84_3
ぴょんぴょんウサギとのろのろカメの経営法則

著 者:藤井 正隆
出版社:経済界
発売日:2012/2/25
価 格:¥1470 (税込)

 

購入する   ぴょんぴょんウサギとのろのろカメの経営法則

 

-----------------------------------------------------------

概 要

藤井さんが推奨する「カメ型の経営」と、それを愚直に実践して成功を収めている会社たちの紹介。カメ型経営=一時的で急激な成長戦略ではなく、ゆっくりと確実な成長戦略を描く経営。

目 次
プロローグ
 …「年輪経営」伊那食品工業
 …「利益第二主義経営」AZスーパーセンター
 …「理念経営」アチーブメント
 …「現場第一主義経営」CoCo壱番屋
 …「人の間経営」アニコムホールディングス
 …「絆経営」阿蘇製薬
 …「一輪挿しの経営」スーパーホテル
 …「丸見え経営」メガネ21
 …「サムライ経営」メーカーズシャツ鎌倉
 …「信託経営」両備ホールディングス
 …「腹 八分目経営」OKUTA
 …「仮説検証経営」セブン‐イレブン・ジャパン
 …「理想経営」ライブレボリューション
 …「WILL経営」ディスコ
 …「おもてなし経営」都田建設
 …「足し算の経営」アイエスエフネット
 …「ビニールハウス経営」ECstudio
 …「照干一隅経営」安心堂白雪姫

 

著者プロフィール
(株)イマージョン 日本の農家(株) 代表取締役社長
NEXT MANAGEMENT LABORATORY(次世代経営研究会)代表。主に、マーケティング戦略と実行組織の最適化が研究テーマ。ええ話マニア。

-----------------------------------------------------------

書評・レビュー

Amazon

ブクログ

※ 書評を書かれた方、トラックバックいただけると幸いです 

-----------------------------------------------------------

関連リンク:藤井さん執筆記事「日本の元気ダマ」

お好み焼きで福を広める、団らん応援企業オタフクソース

貧困国の雇用を創出する印刷屋、丸吉日新堂印刷の挑戦

障がい者とともに農業の在り方を変える、京丸園の取り組み

仕事を創りに帰りたい離島、海士町の挑戦

-----------------------------------------------------------

おお、またしても藤井さんから直筆メッセージ付きでいただいちゃいました。
前回、せっかくのありがたい言葉の意味を間違えてしまいましたので、今回はリベンジです。

84b

なにやら桃太郎侍の決め台詞のようです。

んが、今回も難解。Google先生に聞いても分からない。似たような言葉(法に背いて業に面す)ならあるのですが……これは藤井さんの作った言葉かなあ。たぶんですね、周りが反対しても正しい道を貫く、というようなことではないかと。

教えて!藤井さん!

Comment(2)

コメント

masataak.fujii

鈴木さん ありがとうございます。確かに、「法に背いて業に面す」とグーグル先生に出てきて、意味合いは、枝葉末節ではなく、もの事の本質を大切にといった意味です。そうした場合、「業」という言葉は、1 仏語。人間の身・口・意によって行われる善悪の行為。
2 前世の善悪の行為によって現世で受ける報い。「―が深い」「―をさらす」「―を滅する」
3 理性によって制御できない心の働き。
といった言葉が出てきますが、劫(ごう)では、
[ 日本大百科全書(小学館) ]サンスクリット語カルパkalpaの音写「劫簸(ごうは)」の略。仏教やインド思想で、通常の年月日時では算出することのできないとてつもなく長い時間をいう。そのことを仏典では、芥子(けし)劫といわれる譬喩(ひゆ)で説明している。それは、1辺が1ヨージャナ(由旬(ゆじゅん)。約7キロメートル)の立方体の大城に芥子粒を満たし、長寿の人が100年に一度きてそれを1粒ずつ取り出してついに芥子粒がなくなっても、なお劫は尽きないというのである。「未来永劫(みらいえいごう)」とはこのような長大な時間をさす。刹那(せつな)の反対語。
となります。
本来の意味を考えると、「劫」が正しいのではないか?とかってに解釈して。未来永劫、長い間に通用する普遍的なものといった意味合いがある「劫」を使っています。私もヒョッとしたら間違っているかもしれませんので、誰か詳しい人に教えて欲しいですね。

藤井さん、呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーんして下さってありがとうございます。
「業」だとドロドロしたイメージが(私には)ありますが、「劫」だと過去から未来へとつながる悠久の時間を感じます。
手塚治虫さんの「火の鳥」をなんとなく思い出しました。

コメントを投稿する