クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

【訃報】諸君らが愛してくれた川西裕幸は死んだ。何故だ?

»

わからない…。

突然のこと過ぎてわからない。
そして、今も実感がわいていないが、先ほど告別式で棺に入った川西さんの顔を見て
よやく受け止めなければならない事実の重さに愕然としている。

ユーザーエクスペリエンスやDirectXなどの技術啓蒙に多大な功績を残した
元同僚のエバンジェリストである川西裕幸さんが1月20日に亡くなられた。
年末の交通事故で重篤な怪我をおって以来、1ヶ月にわたり戦い続け、
関係者全員で快復を祈っていたのだが、その願いは叶わなかった。

ご家族のご意向もよくわからなかったのでSNS系含めできるだけ触れないように
していたし、年末年始含めイベントなどでプロアクティブに本件触れることも
してこなかったのだが、先ほど告別式に参列させて頂き、少々考えを改めることにした。

告別式会場に大きく飾られていた遺影はCEDECでの授賞式のもの。
個人の振り返りでは仕事の功績多数。

Awa05

生前の型破りな川西さんのサムライ的な考え方からすれば、
喪に服すとか、ご家族のご心労を配慮して黙っているのではなく、
川西さんの素晴らしさを多くの人に伝えるべきだと思った。

以下、告別式にて読み上げられた故人の紹介文からの抜粋。
---

大学卒業後は(株)本田技術研究所に勤務。
後に日本DEC(ディジタル・イクイップメント・コーポレーション)へ、
そして平成8年からは日本マイクロソフト株式会社に勤務し、プログラマーとして
第一線で活躍してこられました。

リアルタイム3Dグラフィックを専門とし、DirectX(ダイレクトエックス)の普及に
貢献したほか、早くから日本におけるゲーム開発コミュニティの必要性を説き、
ゲーム開発者の国際フォーラム「CEDEC」の立ち上げにも関わりました。

さらにゲーム開発者のバイブルとして読みつがれている
「Game Programming Gems」シリーズを翻訳。この著書はゲーム開発者に
多大な影響を与え、そのことが評価され、CEDEC AWARDS 2010では
「著述賞」を受賞されました。

まさにマイクロソフトのエバンジェリスト、伝道師として、プログラムの開発に
心血を注ぐとともに、わかりやすい言葉で多くの方に伝え、さらに最近では、
早稲田大学IT研究機構・理工学術院客員教授として、後進の指導にも
あたってこられました。
---

我々が川西さんから学ぶべきことは多い。

昨今ソーシャルゲーム業界に切り込んでいる未熟な後輩の私に対しても
3Dグラフィックスとクラウドの専門の違いこそあれ、数々の助言をいただいてきた。
Windows Azureがソーシャル、モバイル、オンラインゲームのバックエンドとして
ようやく活用頂けているのも、川西さんがゲーム業界のみなさまと一緒に築いてきた
多くの実績や良好な関係性が少なからず影響を与えている。
グラフィックス分野での卓越したスキルそのものをとって代わることは難しいが、
常に新しいことにチャレンジし続けてきたサムライ魂は受け継いでゆきたい。

明日が必ずやってくるとは限らない。
安易にものごと先送りすることなく今日を大事に生きてゆこう。
私もなすべきことを自分なりのスタイルでがんばってゆきたいと思う。

頼れる大先輩のご冥福を心よりお祈りしたい。

---
- 川西さん執筆、監修の書籍一覧
- 川西裕幸のブログ
更新の止まったままのブログって、悲しいね。

Comment(1)

コメント

@ITリッチクライアントフォーラムカンファレンスでもUXについてお話くださいました。
「OfficeのUI改善の歴史から紐解く“ユーザーエクペリエンス”」
http://www.atmarkit.co.jp/ad/richclient4/report_ms.html
お話が面白くて、会場が興奮して聞き入っていました。ありがとうございました。
謹んでご冥福をお祈りします。

コメントを投稿する