Azureの鼓動:ITmediaオルタナティブ・ブログ (RSS) Azureの鼓動

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

Facebookページ向けのCMSとしてあまり気の利いたものがない昨今、
本日日経本紙でも取り上げられていたSociobridge(ソシオブリッジ)
その決定打となるポテンシャルを持ち合わせている。

Sociobridge02

ごく簡単に言うならば、Facebookページの管理を快適に行えるようになる
便利ツール。これまでも、InvolverやBuddy Mediaのような舶来品CMSが
あったのだが、Facebook向けCMSというジャンルが黎明期であることおよび
舶来品であるがゆえの、仕様、価格、その他日本のニーズにおける諸々の
ギャップに十分応えられるものではなかったと思われる。
詳細資料のPDFダウンロードはコチラ

そこで、「無いなら作っちゃいますか!」という話が盛り上がり、
電通グループとマイクロソフトで企画、開発を行うことになったのが発端。
ご想像の通り私も本作戦における首謀者の一人である。
もちろんPowered by Windows Azure!

大手クライアントに対する日々の提案活動から現場のニーズを痛いほど
よく知る電通レイザーフィッシュと、今回プラットフォームとして支えている
Windows Azureでのアプリ開発実績が豊富で高い技術力を誇る
リードレックスの2社を中心に、迅速な仕様策定、開発作業を行うことができた。
関係者の手前味噌ながら初期リリース版からよいものに仕上がっているので、
Facebookページの効率的な量産に寄与できると思う。

販売を取り仕切る電通レイザーフィッシュは、電通グループ内でも
デジタルマーケティングが得意な会社。昨今のFacebookの急速な成長に伴い、
Facebookページをできるだけ安く、迅速に立ち上げて量産体制をつくる必然が
彼らにはあった。ソーシャルメディアを通じて企業や商品のブランディングに
関わる以上、もちろんクオリティも落とせない。

リードレックスはWindows Azureの初期から関わっていただいている実力派の
ソフトウェア開発ベンダーで、Azureストレージの性能検証ホワイトペーパーなどを
執筆した近江氏率いる精鋭チームにSociobridgeでも大活躍していただいた。
(チームメンバーの高木氏のブログ

Azuretable

Sociobridgeをこの低価格帯でみなさまにご提供できるようになったのは、
彼らのがんばりによるところが大きい。アーキテクチャ策定議論の途中で、
マルチテナントか、シングルテナントか、SQL Azure (RDBMS)を使うか
Azure Table (NoSQL/KVS)にするかといったクラウド開発でよくありがちな
判断ポイントにおいて、ほぼすべての場面で、原価を削減して技術力で
乗り切る選択肢を選んでいる。確かな技術力と幾多の修羅場をくぐってきた
彼らのような開発チームがよりいっそう増えてくれることを願ってやまない。

さて、マイクロソフトは今回のSociobridge発表を通じて何を企んでいるか?
MSのプレスリリースはコチラ。今回はPRとはいえ結構踏み込んだ内容にしている)

ソーシャル×クラウドの相性の良さはいまさら語るまでもないだろう。
下図はこの文脈でよく使うスライドのひとつだが、不確実性が高く、
グローバル展開前提で、短期実装を求められるFacebookページ作成、
アプリ開発のようなシナリオで価値を発揮するWindows Azureを
使っていただきたいと考えている。

201100423_facebook

これまではWindows Azure使ってください!と、クラウドプラットフォーム自体を
訴求するアプローチが比較的多かったのだが、Sociobridgeのような完成度の高い
しかもAzureと相性のよいSaaSパッケージがあると、裏でWindows Azureを
使っているかどうかを気にすることなく、自然と使われる状況を醸成できる。
マイクロソフトがSociobridgeを戦略的に支援する理由はそこにある。

また、技術サポートやその他諸々ビジネスを包括的に考えると、
SaaSの基盤として利用するプラットフォームとしては悪くないはずである。
直近見えている案件だけでも、この手のSaaS展開アプリは今後さらに
増えてゆくので、みなさんが知らず知らずWindows Azureを使っている
場面が多くなってくるだろう。

Sociobridgeの詳細をもっと知りたい!という方は是非明日、明後日に開催される
ad:tech でマイクロソフトブースに是非お越し頂きたい。
私もクラウドのパネルディスカッションで登壇予定。

---(メディアでの掲載記事)

MSと電通、ソーシャルマーケティングで協業~第1弾はFacebook
INTERNET Watch

電通と日本マイクロソフトなど、ソーシャルメディアマーケティング領域で業務提携
日本経済新聞 (プレスリリース) 

電通と日本マイクロソフト、ソーシャルメディアマーケティング領域で業務提携
RBB Today

電通グループとマイクロソフト、ソーシャルメディアマーケティングで業務提携
サーチナニュース

電通、Windows Azure でソーシャルメディア広告を展開
インターネットコム

---

個人的にはなんとなくジュピトリス所属モビルスーツっぽいネーミングが好み。
パラスアテネの隣にいそう。まあ、Sociobridgeは試作機ではなく量産型なので
名機として長きにわたり運用され続けたジェガンっぽい存在になってくれることを願う。
「Sociobridgeが量産の暁には旧ジオン派勢力などあっという間に叩いてみせるわっ!」

ちなみに開発コードネームは"Sakura"。
日本発グローバル展開を目指したいという関係者の想いが込められたこちらも
もちろん愛着があって捨てがたい。

砂金 信一郎

Special

- PR -
コメント
上代 2011/10/26 17:32

ジュピトリス所属モビルスーツwww

いさご 2011/10/26 23:06

そこに反応しますか…
というわけで、やってみたw。
---
PMX-000 メッサーラ
RX-110 ガブスレイ
PMX-001 パラスアテネ
SCO-001 ソシオブリッジ
NRX-055 バウンド・ドック
PMX-002 ボリノークサマーン
RX-139 ハンブラビ
PMX-003 ジ・O
自然にとけ込んでいるように思えるのはいさごだけ??
レコアさんに乗ってもらいたいなあ。


コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/27340835

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/isago/profile_name.html -->砂金 信一郎<!-- /include:/isago/profile_name.html -->

砂金 信一郎

マイクロソフトでクラウドコンピューティングやWebサービスを中心とした啓蒙活動を行うエバンジェリスト。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Special オルタナトーク

2014年に向けて

カテゴリー
エンタープライズ・ピックアップ

news094.gif 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17)

news094.gif ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う
上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

news094.gif 悩んだときの、自己啓発書の触れ方
「自己啓発書は説教臭いから嫌い」という人もいるだろう。でも読めば元気になる本もあるので、一方的に否定するのはもったいない。今回は、悩んだときの自己啓発書の読み方を紹介しよう。(12/5)

news094.gif 考えるべきは得意なものは何かではなく、お客さまが高く評価するものは何か
自社製品と競合製品を比べた場合、自社製品が選ばれるのは価格や機能が主ではない。いかに顧客の価値を向上させることができるかが重要なポイントになる。(11/21)

news094.gif なんて素敵にフェイスブック
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。吉岡編集長賞を受賞した作品が、山口陽平(応募時ペンネーム:修治)さんの「なんて素敵にフェイスブック」です。平安時代、塀に文章を書くことで交流していた貴族。「塀(へい)に嘯(うそぶ)く」ところから、それを「フェイスブック」と呼んだとか。(11/16)

news094.gif 部下を叱る2つのポイント
叱るのは難しい。上司だって人間だ、言いづらいことを言うのには勇気がいるもの。役割だと割り切り、叱ってはみたものの、部下がむっとしたら自分も嫌な気分になる。そんな時に気をつけたいポイントが2つある。(11/14)

news094.gif 第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(11/8)

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ