クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

日本時間今夜はWWDCとTechEdで夜更かし確定。現地に行けずともリアルタイムで盛り上がりたい

»

現地時間6月7日からの1週間は、アップルが次期iPhoneを発表すると噂されるWWDCと
マイクロソフトの技術者向け大規模カンファレンスTechEdが同じタイミングで開催される。
自称開発社、ITプロフェッショナル、ガジェットマニアな方は、どちらも要注目である。

まず、アップルさんのWWDC10。こちらは日本のメディアも注目度が高くすでに位置づけや
概要、発表内容の予測などはいろいろなところで目にしていると思われる。今の立場上
あまり語ると不適切っぽいのだが、次期iPhoneには1ユーザーとして期待している。

Wwdc

そして、あえて同時期に開催している(と思われる)マイクロソフトの技術者向け大規模
カンファレンスであるTechEd。8末開催の日本を含む全世界で展開されるのだが、
ニューオリンズで開催されるTechEd North America が最大規模かつ最初となる。

Techedna_2

PDCやMIXなどに比べると、日本からの参加者が少ない北米TechEd。現地の様子は
@kesaito @hiito あたりのツイートから拾えると思われる。最新技術や今後の方向性を
発表するPDCやMIXに比べると、技術者教育やレディネス向上を主目的としている
TechEdでは、例年キーノートが多少地味な印象も否めなくないのだが、今年は名著
「闘うプログラマー」にも登場するボブ・マグリアがキーノートでいくつか目新しいものを
披露してくれる…という風の噂があるので、要注目だ。Azureの例のアレも…。

まだあまり目立つところからリンクされていないが、TechEd Online のサイトで、おそらく
ストリーミング配信が行われる(はず)。

Techedonline

週明け早々、日本時間で生活しているみなさまにはつらいところと思われるのだが、
デバイスからクラウドまで、業界全体巻き込んで非常に変化の激しいITな世界に身を置く
のであれば、誰かの解釈が入った2次情報源ではなく、可能な限り自分の目と耳と頭で
最新情報を咀嚼するようにしたい。今日は早めに帰って仮眠をとるなどの工夫が必要
かもしれない。

日本のTechEdは今年もエンジニアの夏の祭典として8月末にパシフィコ横浜で開催決定!
サンフランシスコやニューオリンズに自費または出張申請で出向いて参加するのはやはり
それなりに大変だが、横浜なら現地に行ける。コンテンツだけであればオンラインで
見られるから…という意見もわからなくはないが、現地でしか味わえない刺激を是非。
日本のエンジニアに不足しているのはスキルではなく刺激やパッションのような気がしている。
体力メンタルともに疲れの出る夏の終わり、TechEd会場でチャージしていただきたい。
今なら3万円もオトクな早期申し込み割引実施中。お申し込みはお早めに。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する