生きたマーケティング、海外デジタル・マーケティング事情、セールスオペレーションでリードするビジネスモデル

マーケティングは、戦略の基礎を体に覚えさせることで、ブレずに、競争を勝ち抜く力が身に着く。

»

"基礎の定着には、競争での緊張感と、負けたときの悔しさを"

こんなタイトルで博報堂マーケテイングスクールの岡 弘子さんからメールマガジンが送られてきました。

岡ひろこ? 岡ひろみ? 私の世代だと思い出すのが、本鈴美香さんのエースをねらえ!

pdt_key_visual_file1_015101.jpg

テニス漫画の主人公によく似た名前の弘子さんも、中学時代テニス部で、練習に試合に没頭していたそうです。

桜を見るたびに、接戦の末に負けた試合を思い出すそうです。 その悔しさに、余裕がなくてもブレないスイングを繰り出すために、バックスイングを100回、サービスのトスを真上に100 回あげる基礎練習を毎日毎日続けたそうです。

体が覚えるしかないと考えたからです。すごい中学生です!

その結果、次の試合から、サービスエースが自分の武器になっていったそうです。

メールマガジンは岡さんも講師を務める、博報堂マーケティングスクールの"戦略基礎プログラム"のご案内でした。

岡さんのしめくくりは、テニスと同じで、マーケティングも、戦略の基礎を体に覚えさせることで、ブレずに、競争を勝ち抜く力が身に着くのだというお考え。
すばらしい、説得力ありますね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する