プロジェクト管理・ポートフォリオ管理ツールの活用方法を中心に、IT投資管理の考え方をご紹介して行きます。

流行に流されない

»

随分前に、藤沢にあるキャンパスの学祭で、学生の皆さんに話をさせて頂く機会がありました。IT業界を目指している学生が多いキャンパスでしたので、IT業界でどのような仕事を選ぶべきか、そんな話をさせて頂いたと思います。IT業界で長く働くには、軸足となる自分の専門分野が必要になります。しかし、その専門分野が流行のものだとしたら、10年後その流行が去りコモディティ化した時に、業界の中で自分の居場所を探す事が非常に難しくなります。自分のスキルもまたコモディティになってしまうのです。流行に流されないようにという事を話しました。

振り返ると、イントラネット、データウェアハウス、ポータル、グループウェア、ユビキタス。様々な流行がIT業界には存在しました。ベンダーや雑誌も率先してそのような流行を作って来ました。学生の多くは耳あたりの良いそのような流行の最先端の企業への就職を希望するかもしれません。しかし永久に続くトレンドはありません。いま最先端の企業は、近い将来には必ず新興の企業にその座を追われてしまいます。ほんの10年前にはFacebookは存在していなかったのです。

しかし企業のコアのビジネスは簡単には変化しません。金融、医療、流通、製造といったそれぞれの産業のプロセス自体は本質的には普遍だと思います。当時学生の皆さんに話したことは、長期的に自分の価値を高めていくためには、現在の流行に流されないで、各産業の業務に関してのIT構築を担う仕事を選ぶ事が重要だという事でした。それは若干華やかさにかけ地味な仕事かもしれませんが、おそらく自分の価値を長期的に高めていく事が出来ます。

企業のIT投資もまた、流行に流されるべきではありません。企業のビジネスの本質自体が大きく変わる事はありません。確かに流行のテクノロジーであれば、雑誌などでも大きく取り上げられますし、ベンダーも様々なセミナーを実施しています。企業の上層部にも受けが良いでしょう。リスクはありますが最初にテクノロジーを導入した企業は大きなメリットを手にします。初めてソーシャルで広告を行った企業は、物珍しさもあり非常に高いROIを獲得しました。しかしそれも長くは続きません。所謂フォローワーにはあまり多くの利益を得るチャンスがないのです。逆にコモディティ化した後に、価格も落ち着いてきた頃に導入した顧客は、より高いROIを得る事が出来ます。

つまり、イノベーターとラガードのみがテクノロジーから高いROIを得る事が出来るのです。最先端の流行を追いかける事は戦略的ではありません。それよりも重要な事は、本業に対してのIT投資の比率を高める事です。

Comment(3)

コメント

HAGANE

「IT業界」で働く事時代が流行に乗ろうとしていませんか?
>ほんの10年前にはFacebookは存在していなかったのです。
えっ、あの株価がとんでもないことになっている会社を例に挙げちゃうんですか?
>イノベーターとラガードのみがテクノロジーから高いROIを得る事が出来るのです。
派手な会社だから儲かっているってことですか?
地味でも着実に利益を挙げている会社は沢山ありますよ。
そうゆうレイヤは相手にしないってことですか?
>IT投資の比率を高める事です。
ITって道具ですよね?
道具それ自身は利益を生まないのではないでしょうか?

ardbeg32

>IT投資の比率を高める事です。

単に「金儲けの道具を揃えろ」
「紙台帳やエクセルで『カネがかからないから』と無駄な工数使うより、IT投資を行なって浮いた工数と上がった品質でさらに金儲けの算段をしろ」
と素直に読みました。

ウチの業界の場合、運用が変わることが非常に経営上のマイナスリスクになるので、数年おきにホイホイ仕様が変わるトレンド技術を本業に導入するのはなるだけ避けたいです。
また枯れた技術というのは(必ずしもそうとも言えないですが)、コモディ化してるだけあってどこからでも技術情報を入手できるし、滅多なことでは業務停止に追い込まれない。

尤も、トレンド技術を使うことが目的ではなく、金儲けのための技術を導入することが目的なのだから、なんだかわからないけど最先端だということでお金が集まる商売以外は、コモディ化するまで待った所で何の痛痒もないわけですね。

相場宏二

IT業界は、最近ではブラックなイメージがあり学生さんからは敬遠されていると聞きます。確かに外資のIT企業は、最初から裁量労働制で残業代が出なかったりしますし、インセンティブ制でボーナスも売上比例です。
それでもIT企業企業の中には、地味でも着実に利益を挙げている可能性のある企業が沢山あると思います。是非ブラックなイメージや派手なイメージに惑わされないで、長期的にスキルを身に付けられる企業を学生の皆さんには選択して欲しいと考えています。
ITは道具です。ユーザーの利便性を追求したり、最新のものを導入すれば、企業の生産性があがる訳ではありません。派手に宣伝されている最新テクノロジーを採用する事よりも、現業にフィットしたROIの高いツールを選択することが重要だと思います。

コメントを投稿する