ビジネスや世の中の流れの分析。ときどき手帳の話など。

edXで授業受けてみました!英語の勉強にとっても良い!

»

42

edXのMITのアントレプレナーシップのクラス。右側に字幕がついており、分からない単語もちゃんとキャッチできます。

edX(エデックス)とは、MITとハーバードが共同で創立したプラットフォームで、世界中の学生に無償で、多岐な分野にわたる大学レベルの授業を無償で提供しています。2012年の秋からスタートし、2013年の5月には京都大学が参加したことでニュースで話題になっていましたね。

興味を持ちつつも、まだ使ったことがなかったのですが、この間はじめて参加してみました。MITのアントレプレナーシップの講義。

とっても、とっても、面白い!

オンライン上で受けるのを前提としているので、リアルな授業を遠目で映しているのような動画ではありません。そんな動画ではないどころか、すっごく凝ってる。クラス内の撮影どころか、校内を歩きながら教授が話し、街にでてインタビューするロケまであったり。(私が参加しているアントレプレナーのクラスがそうなのであって、全てのクラスがそうだとは限りません!)

動画といっても60分ずっとみるわけでなく、動画を3分みて、以下のようなスライドを5枚ほどみて、次の動画を5分みて。というように、リズムがあって飽きません。

43

宿題もあったり、その場で選択式のクイズに答えたり。オンライン授業って、こんなに進化してるんですね。

そして、MITだからなのか、お茶目で遊び心が散りばめられています。

44ゴッドファーザーに「50%のディスカウントでどうでしょう?」と耳打ちしています。笑

一人で受けても楽しいし、友達と一緒に受けても楽しいかもしれないですね。英語の教材って中身に飽きてしまうものが多いですが、これなら中身も本物の授業なので、英語と興味あることを一緒に学べて一石二鳥!

大学は36校、カテゴリーはビジネス、アート、コミュニケーション、環境、法律、文学、経済、エンジニア、化学、コンピューターサイエンス、栄養学、音楽などなど。

受講は無料ですが、寄付で賄われているので、経済大国ニッポンはぜひ寄付を!250ドル寄付すると、Tシャツがもらえます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する