ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

空の移動革命に向けたロードマップの方向性

»

経済産業省は、国土交通省と2018年12月20日、「第4回 空の移動革命に向けた官民協議会」を開催し、「空の移動革命に向けたロードマップ(案)」を公表しました。

このロードマップは、いわゆる"空飛ぶクルマ"、電動・垂直離着陸型・無操縦者航空機などによる身近で手軽な空の移動手段の実現が、都市や地方における課題の解決につながる可能性に着目し、官民が取り組んでいくべき技術開発や制度整備等についてまとめています。

ロードマップは、事業者による利活用の目標、制度や体制の整備、機体や技術の開発の3つの項目からまとめられています。

2023年には事業スタートを目標としており、物の移動から、地方や都市での人での移動も視野にいれています。

制度や体制の整備では、新たなビジネスもモデルに応じた運送・使用事業の制度整備の見直しなどをあげています。

機体や技術の開発では、安全性や信頼性、自動飛行運用管理などがポイントとなっています。

スクリーンショット 2018-12-23 10.01.45.png

出所:空の移動革命に向けたロードマップ(案) 2018.12.20

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する