ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

日本のRPA市場は2017年度の35億円から2022年度には400億円へ

»

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アールは2018年10月25日、「国内のRPA(Robotic Process Automation)市場規模推移および予測」を発表しました。

2017年度のRPA市場は売上金額35億円、前年度比約4.4倍の急速な伸びとなっています。2018年度も引き続き同2.5倍の高い伸びを予測し、CAGR(2017~2022年度)は62.8%で2022年度には400億円市場と予測しています。

急速に注目度を増している背景には、労働人口の減少や高齢化、働き方改革に対する関心の高まり、業務のコスト削減や均一化などを背景に、2018年も勢いが衰えることなく、幅広い業種、業務に導入が進んでいます。

2018年に入ってからは、手作業によるデータ入力業務において、RPAと連携するかたちでOCRを活用し、業務の効率化を目指す企業が増え始めています。OCRの歴史は長いものの、その認識精度の問題から企業での導入は限定的でしたが、近年のAI活用による認識精度やデータの自動抽出機能の向上により、OCRが見直されていることもあります。

さらに、RPA導入を機に業務システム全体の見直しを検討する企業も増えつつあり、これに伴いBPMやBRMSの導入を検討する企業も出始めている状況となっています。

スクリーンショット 2018-10-29 8.45.05.png

出所:アイ・ティ・アール 2018.10

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する