ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2017年国内クラウドインフラストラクチャ市場は1,974億4,800万円、2021年には2,431億600万円に

»

調査会社のIDC Japanは2017年12月13日、「国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測」を発表しました。

2017年の国内エンタープライズインフラストラクチャ市場全体の市場規模は、前年比0.9%減の7,213億900万円で、クラウド向けインフラストラクチャの出荷は、同16.2%増の1,974億4,800万円となっています。

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場全体では縮小傾向にありますが、クラウド向けインフラストラクチャは成長が見込め、2016年~2021年の年間平均成長率が7.4%、2021年の市場規模は2,431億600万円と予測しています。

スクリーンショット 2017-12-13 15.12.37.png

国内クラウドインフラストラクチャ市場は、クラウド化されていないトラディショナルITからの需要シフトに加えて、 デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みによる新規需要によってプラス成長を持続していくと予測しています。

ビッグデータ、IoT(Internet of Things)やコグニティブ/AI(人工知能)システムなどといったイノベーションアクセラレーターを活用したDXの実現に注力する企業が国内において増加し、このような動きが活発化することで、ITの用途が広がり新規需要が創出されるとしています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する