ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

ガートナーのハイプ・サイクル「過度な期待のピーク期」はIoTやウェラブル、黎明期はスマートロボット、幻滅期はビッグデータやハイブリッドクラウド

»

米調査会社のガートナーは2014年8月11日、The 2014 Gartner Hype Cycle「Gartner's 2014 Hype Cycle for Emerging Technologies Maps the Journey to Digital Business」を公表しました。

今回のハイプ・サイクルでは、Digital Workplace, Connected Homes, Enterprise Mobile Security, 3D Printing, Smart Machinesの領域が新たに加えられています。

Hype Cycles Emerging Technologies 2014

出所:Gartner's 2014 Hype Cycle for Emerging Technologies Maps the Journey to Digital Business 2014.8.11

「過度な期待」のピーク期(Peak of inflated Ecpectation)には、IoT、ウェラブル、コンシューマ3Dプリンターなどがあげられており、幻滅期(Through of Disillutionment)にはビッグデータ、インメモリデータベース、ハイブリッドクラウド、NFCなどが入っています。

黎明期(Innoation Tigger)では、ニューロビジネス、バイオチップス、スマートロボット、3Dバイオブリンティングシステムなどがあげられています。

ガートナーでは6つのビジネス領域を定義し、多くがDigital Marketing(デジタルマーケティング)、Digital Business(デジタルビジネス)、そして、 Autonomous(オートノモス)のステージにきていると位置づけています。

Stage 1: Analog(アナログ)
Stage 2: Web(ウェブ)
Stage 3: E-Business(Eビジネス)
Stage 4: Digital Marketing(デジタルマーケティング)
Stage 5: Digital Business(デジタルビジネス)
Stage 6: Autonomous(オートノモス)

Stage 4: Digital Marketing(デジタルマーケティング)は、以下のカテゴリが含まれています。

Software-Defined Anything
Volumetric and Holographic Displays
Neurobusiness
Data Science
Prescriptive Analytics
Complex Event Processing
Big Data
In-Memory DBMS
Content Analytics
Hybrid Cloud Computing
Gamification; Augmented Reality
Cloud Computing
NFC
Virtual Reality
Gesture Control
In-Memory Analytics
Activity Streams; Speech Recognition.

Stage 5: Digital Business(デジタルビジネス)

Bioacoustic Sensing
Digital Security
Smart Workspace
Connected Home
3D Bioprinting Systems
Affective Computing
Speech-to-Speech Translation
Internet of Things
Cryptocurrencies
Wearable User Interfaces
Consumer 3D Printing
Machine-to-Machine Communication Services
Mobile Health Monitoring
Enterprise 3D Printing
3D Scanners
Consumer Telematics.

Stage 6: Autonomous(オートノモス)

Virtual Personal Assistants
Human Augmentation
Brain-Computer Interface
Quantum Computing
Smart Robots
Biochips
Smart Advisors
Autonomous Vehicles
Natural-Language Question Answering.

Stage 4では「ソーシャル」「モバイル」「クラウド」「インフォメーション」の4つの力の結び付き (「Nexus of Forces:力の結節」) により、Digital Marketing(デジタルマーケティング)への動きが加速しています。

また、Digital Business(デジタルビジネス) では、IoTに代表されるように、物理社会と仮想社会の境界線を取り払われあらゆるものがデジタル化されるコンセプトです。特に3Dプリンターは製造業のサプライチェーンの構造を大きく変えていくことになります。

Stage 6のAutonomous(オートノモス)では、人工知能が人間の能力を置き換えをするようになり、自動運転車や、質問に対して答えるマシンのような動きが進んでいくとしています。Human Augmentation(人間の拡張)やBrain-Computer Interface、そして、Smart Robot(スマートロボット)、Autonomous Vehicles(自動運転車)などの動きは、ビジネスへ大きなインパクトをもたらすことになるでしょう。

今後、Stage 6の動きを私なりに掘り下げていきたいと考えています。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する