ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

経済成長戦略(福田成長戦略)のポイントは?

»

経済財政諮問会議は5月23日、「経済成長戦略(福田成長戦略)」の素案を発表しました。今後10年間、経済成長率において実質2%以上を目標とするものです。


福田成長戦略の特色として、

  1. 3つの戦略: 全員参加の経済、平成の開国、強み発揮の経済
  2. 日本が本来有する「つながり力」と「環境力」を成長への新たな発想に
  3. 生活者・消費者の視点で、政策を構築

seicyou


経済成長戦略のポイントとして、

 全員参加の経済 ~人材活用と生産性の向上~

  • 2010年までに、若者・女性・高齢者の 220万人の雇用充実
  • 保育サービスを飛躍的に伸ばし待機児童ゼロに (保育サービス利用率を 2010年26%に)
  • サービス業・中小企業の生産性向上(業種別生産性向上プログラム)
  • 生活直結型産業の発展(規制改革・IT化・ロボット化)
  • 国民の立場に立った電子政府の実現

 平成の開国 ~開かれた国づくり~

  • 2010年までにEPA締結国との貿易を全体の 1/4以上に。 ‹対日投資の阻害要因の徹底除去。外資規制のあり方も包括的に検討
  • 2015年までに高度人材 30万人、 2020年目途に留学生 30万人受入れ
  • 世界に遅れを取らない空の自由化(便利な空港、開かれた空路) ‹アジア経済・環境共同体構想の実現

 強み発揮の経済 ~革新的技術による成長~

  • 環境・エネルギー技術のトップランナー(技術革新計画、太陽光パネルの普及支援)
  • 「スーパー特区」で先端医療・医療機器開発を後押し
  • 画期的技術に迅速に対応する国家的緊急プロジェクト予算の創設

 

ITでは、「中小企業のIT支援」や「電子政府の実現」等がありますが、中でも「革新的技術戦略」がポイントであると考えています。

  • 環境エネルギー技術のトップランナー構想
  • 「革新的技術特区」(スーパー特区)

バイオ技術、医療関連技術を強化し、健康・医療産業をリーディング・インダストリーに育成するとともに、ITを活かしたユビキタス技術やロボット技術を一層活用して、高齢者や障害者が暮らしやすい社会づくりを進める。 というものです。

 

福田首相は、最終案のとりまとめにあたって、「国民の閉塞感や不安感を打破して成長を実感できる包括的な成長戦略にしたい」としています。景気の減速感も漂っている昨今、経済成長戦略(福田成長戦略)がどの程度、日本国民にとってメリットにあるものにできあがっていくのでしょうか?


Comment(2)

コメント

砂川章雄

電機機器メーカーで官公庁渉外を担当している者ですが、記事を拝見し、雑感ですが所感を述べさせていただきます。
まず福田成長戦略については、官主導の政策立案の感が否めない気がします。いかにも各省庁が推進しようとしている政策の寄せ集め的なイメージを受けました。
また、福田政権の今の一つの政策の柱は消費者行政の見直しと思いますが、これもあまりに拙速な結論を急いでいるような気がします。本気で取り組むのであれば、まさに小泉氏が郵政改革を進めたのと同レベルの力を入れる必要がある政策と思いますが、そこまでの意気込みは感じられず、取り急ぎ何らかの成果を形にしないといけない、という取組みに感じられます。
また、環境技術については、確かに日本には先進的かつ有効な技術があると思いますが、その技術を本当にグローバルに役立てるためには、世界で認められる形で展開していく必要があると思いますが、EU、米国をはじめ各国・各地域が気候変動問題について主導権を争っている状況の中で、日本の技術は戦略的に否定される恐れがあるのではないかと危惧しています。
本当にグローバルに受け入れられる形で進めるためには、国際標準化等の取組みも含めて、本当にその技術を必要としている国をうまく仲間に引き入れる戦略を描く必要があり、現時点ではそれが見えない、日本だけが押し付け的に環境技術の輸出を進めたがっている状況に見えます。
我が国として、決して短視眼的な政策にならないよう、長期的視野で政策立案し、世界に受け入れられる日本を目指して成長戦略を描いて欲しいと思っています。
簡単ながらコメントまで

砂川さん
細かく分析された情報どうもありがとうございます。
>まず福田成長戦略については、
>官主導の政策立案の感が否めない気がします。
>いかにも各省庁が推進しようとしている政策の
>寄せ集め的なイメージを受けました。

確かにそのような部分も多いと私も認識しています。また、各省庁でかなり似たようなことを実施しているようなところも見受けられます。グローバルへの本気度もまだはっきりと見えていません。それから、今の時代は、現場が元気になる施策を支援する動きが非常に大切ではないかと感じています。

コメントを投稿する