海外のスマートフォン、特にAndroid(アンドロイド)に関する情報を発進していくブログ

Androidマーケットのリニューアルで見えるアプリでのフリーミアムの普及状況

»
@metaps_satoです、少し古いですが日本の端末のAndroidマーケットもグリーンからブラックのカッコイイデザインにリニューアルされてきています(機種によって若干時間差があるらしい)。大きく変わったのは売上ランキングが各ジャンルごとに表示されるようになったことです。

Androidmarketnewdesign_2


PCのマーケットからは一部売上ランキングは見れましたが、カテゴリごとまでは表示できなかったので、これは開発者やマーケターには非常に便利です。

AppStoreと比べてみるとランキングにダウンロード課金の有料アプリの割合が非常に多いことにと気づくと思います。AppSgtoreの売上ランキングは既にガラケーでのソーシャルゲームのノウハウを使った「無料」+「アイテム課金」のフリーミアムモデルで成功事例が出ているので、ランキングトップもアプリ自体は無料であるものが多いです。Androidは売上ランキングでフリーミアムモデルでランクインしているのは全体の10%以下で、まだまだ有料アプリがメインです。


Android_ranking_2


いくつか原因があると思いますが、①アプリ内課金はクレジット登録が必須のiPhoneのほうがやりやすい、②国内有料ディベロッパーがまだAndroidに力を入れていない、の2つの理由があげられると思います。スマートフォンはネット業界にいると非常に盛り上がっていますが、国民全体におけるシェアは20%程度、ビジネスをするには土壌としてはまだ日本ではガラケーのほうが儲かる可能性が高いので、CPをはじめとして開発者は全力投球ができていない状況があります。そしてiOSとAndroidでは課金がしやすいiOSを先に投下して次にAndroidと考える企業が非常に多いので、あと数ヶ月でAndroidでもフリーミアムモデルの成功例が出てくると思います。

ちょうど北米の半年前の状況と日本はよく似ていると私も聞いたので、ここ半年で急激に「無料」+「アプリ内課金」は増えるでしょう。

以前紹介した「Storm8」、「TEAMLAVA」のアプリもほぼすべて無料アプリでアプリ内で課金するモデルです。日本の売上ランキングで既に上位に表示されて来ています。日本ですとやはり「Nubee」さんの「ジャパンライフ」もフリーミアムモデルで売上上位に来ています。

国内ですと、ガラケーか、ネイティブアプリか、HTML5か、それともキャリアが整える月額課金のポータルか、というように今どの企業も方向性を模索している最中ですので、このタイミングで戦略をカチッと決めて足を出せる企業は大きなチャンスつかむと思います。特にベンチャー企業は資金力では大手に及ばないのは確実なので、競合が動けないこのタイミングで動ける人たちは強いですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する