オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

志茂吉建氏のRubyコラム『配列の美学(1)』

»

Rails技術者認定試験運営委員会の吉政でございます。

私が企画したコラムの件です。Rails技術者認定試験運営委員会のオーナーでもあるヒューマンリソシアが志茂吉建氏のRubyコラム『配列の美学(1)』を公開しています。

志茂様のRubyの美学シリーズで今日のコラムは配列の話です。

興味がある方は、是非お読みください!!!

###

配列の初期化

今回はRubyで配列を扱う方法について触れてみたいと思います。Rubyの配列はArrayクラスを利用します。Arrayクラスは非常に良くで きておりメソッドは痒いところに手が届く仕様になっています。では、配列の宣言方法から見ていきましょう。以下のいずれも配列の宣言方法です。1行目はク ラスを初期化していますので通常の表現方法ですが、2行目はRubyらしい宣言方法ですね。

>> ary=Array.new()
=> []
>> aru=[]
=> []

もう少し、初期化方法を見ていきましょう。1行目は、通常の初期化になります。2行目は「%w」を使って初期化しています。文字列表現の時に「%q」の表現方法をご紹介しましたが、「%w」も同じで、「”」や「,」を省略することができます。

>> array=["one", "two", "three", "four", "five"]
=> ["one", "two", "three", "four", "five"]
>> array=%w(one two threee four five)
=> ["one", "two", "threee", "four", "five"]
配列へのアクセス

配列へアクセスするにはどのような方法があるでしょうか。配列にアクセスするには添字(またはインデックス)を利用します。添字は0から始まります。また、存在しない添字を指定して配列にアクセスすると「nil」が返されます。

>> p array[0]
“one”

(この続きは以下のコラム本文をご覧ください)
http://resocia.jp/column/341/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する