オルタナティブ・ブログ > Randomwalk >

予測できないITの行く先を、あちこち歩きながら考えてみます

バーティカルサーチを作ってみたけど、何に使えるかな?

»

米国ではいくつか登場しているバーティカルサーチは、弊社のビジネスに生かせるだろうかと思案中なのですが、誰かとこの話をしようにもバーティカルサーチというものを実際に体験してみないことには、なかなか議論が進みそうにないなあと思い、身近な例をえいやーと作ってみました。

それがこれ。特定の分野だけを検索してくれるので、知りたい結果を得やすく、結果にノイズが混じりにくい。バーティカルサーチもどき体験はできそうです。

Google


IT系メディア
  @IT, ITmedia, CNET Japan, ZDNet Japan, ASCII24
  インプレスWatch, 日経ITpro, MYCOMジャーナル


IT用語事典
  @IT用語事典, e-Words, アスキー デジタル用語辞典,
  ウィキペディア
国内の主要ITベンダ(βのため、暫定リスト)
  マイクロソフト, IBM, 富士通, 日立, NEC, オラクル, SAP, HP
アイティメディア株式会社横断検索
  @IT & ITmedia

最初はNamazuかHyperEstraierを、どこかホスティングでも借りて動かすか、それともGoogleのAPIを呼び出して結果をフィルタリングするのがいいか、などと思っていたのですが、ちょいとググってみたら、力技で複数のサイトからまとめて検索する方法を発見。見かけを整えて、1~2時間でできあがりました。ついでにAdsenseもロゴもちゃんと入ることを確認。IT用語検索とか、これだけでもけっこう使えそうです。

これで、いろんな分野ごとの検索を作ったら面白いかもしれませんね。これをいじりながら、もう少し考えてみることにします。

ゴールデンウィークから以後、ブログで書きたいネタはあるのですが、時間がとれなくて滞ってます。エンタープライズサーチの続きや、5月にあったAjaxやJavaOneのことも書きそびれてしまいそう。知り合いからもらったIT本のことも書きたいですし、忘れないようにメモ代わりにここに書いておきます。

Comment(1)

コメント

tipsですが、

サイト指定時に
site:moo-asp.net/wiki

というように指定すると、細やかな場所指定ができます。
よく見る掲示板群をこれでまとめてみることにします。

コメントを投稿する