オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

70年代に表現論は勃興したか?

»

伊藤剛氏のコメントに:

>「マンガを内側から語る」という批評は、『マンガ芸術論』などで展開されています。

僕も最近、ちょっと部分的に読み返しましたが、たしかにそうでした。
時間ができれば「白土三平言説略史」とからめて石子さんの議論を検討できないかと思ってますが。


>方法としての達成は、見た限りでは石子順造のものが圧倒的に優れており、むしろ問題は「なぜ表現論は70年代前半には勃興してもよかったのに、90年代まで持ち越されてしまったのか」という問いに収斂していくと思います。

今からは、そう見えると思います。が、その時代をマンガ青年として過ごした者の実感でいうと、「勃興」はありえなかったということになります。
まず、何よりも言葉が共有されない。石子さんの問題意識は、その直後にマンガ言説を担うことになる団塊直下の世代には、まだわからなかったといっていいんじゃないでしょうか。おまけに、石子さんは「今のマンガはどんどんダメになってる」言説になってしまって、「今のマンガは面白い」と思っていた団塊直下世代と断絶を作ってしまった。そのため忘れ去られた面があると思います。だから、伊藤さんらが指摘した90年代の「マンガは面白くない」言説に対する危機感が僕なんかは強いんです。が、多分、そういってる人たちには、そもそも石子さんたちの言説の継承そのものが課題としても意識されてないし、あまり危機意識もないんじゃないかと思います。

>そのへんは先日出た拙著『マンガは変わる』の書き下ろし序文で書いてます(青土社から献本行ってますよね?)。

いただいてます。ありがとうございます。
あれは、いい本です。『テヅカ イズ』を読み直すガイドとして、とてもいいし、それ以上の伊藤さんの色んな側面があらわれていて、いいタイミングで出たと思います。ただ、ここのところ僕は本が全然読めず、読了したのがつい最近で、書くタイミングを逸してました。面白かったですね。

Comment(1)

コメント

伊藤です。
ご返答ありがとうございます。

> 今からは、そう見えると思います。が、その時代をマン
> ガ青年として過ごした者の実感でいうと、「勃興」はあり
> えなかったということになります。

まさに、「ではなぜ、70年代にマンガ表現論は勃興しなかったか」という問いは、この「実感」をいまあらためて析出させるものだと思います。またそこで当時の「実感」が言語化される過程が重要なのではないでしょうか。
ここでこういうことを言うのは、私の「なぜ勃興しなかったか」という問いが、単に後だしジャンケン的な、後からだったら何でも言える的なものではないということを強調しておきたいからです。もちろん、夏目さんはその前提でお書きになっているでしょうが、ともすれば、単に今の水準の視点から過去を断罪するような愚行に取られかねないと考えます。

私見では、石子順造移行も、70年代後半~80年代の「迷宮」などにも、表現論的なものの考え方の萌芽(というよりも、多くは「が必要だよね」というものですが)は、何度となく現れます。また、私自身も学生だった89年ごろ、いかにすれば「マンガの文法」的なものを見出せるだろうかと考えたことがありました。しかし、それらは皆、上手く育つことがなかったのです。そこで、その「困難さ」を原理的に考えてみようと試みたのが、『マンガは変わる』の序文だったのです。分析が精神分析的な枠組みに依拠しすぎている嫌いはありますが、それなりに上手く行ったのではないかと思っています。

> あれは、いい本です。

ありがとうございます。なんだか便乗して宣伝したみたいになってしまいましたね(恐縮)。でも、そう言っていただき、本当にうれしいです。

それはそれとして、いまこそ石子順造は読まれるべきだと思いますね。もちろん、それこそいま読むと首を傾げざるを得ないところもありますが、それもわずかな瑕疵にすぎず、むしろ問題意識の射程の深さに驚きます。
いま大学でマンガを研究しようという諸君には、必携だと思います。とくに、大塚英志だけ読んで「わかったつもり」になっている人は読んでおくべきでしょう。

コメントを投稿する