オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

NHK ETV『あしたのジョーの、あの時代』

»

先日収録したETV特集の放映予定がきた。

NHK教育 ETV特集 放送 3月24日(土) 午後10:00~11:29(89分)

あしたのジョーの、あの時代 ~団塊の世代”心”の軌跡~

37年前の伝説「力石徹葬儀」が、いま講談社で蘇る!!
八発見!梶原一騎 幻の原稿! 力石葬儀 44枚の写真!

第一部 ジョーが生まれた時代
第二部 力石徹の死・全共闘の時代
第三部 あしたをなくした時代

出演 夏目房之介、猪瀬直樹、残間里江子、ちばてつや、宮崎学、夢枕獏
インタビュー 立花隆、高森篤子(梶原一騎夫人)、宮原照夫

研究者的には44枚の写真より、梶原一騎の『ジョー』原作原稿の一部が発見されたことが注目です。虫プロにあったとのことで、おそらくアニメ化のときの資料でしょう。現在は高森夫人の元に返却されたそうです。該当するマンガの場面を見ると、ちばさんは梶原原作を、少なくともこの場面に関しては使ってないみたいですねー。なるほどー。新聞に発表されたらしいので、情報解禁になりました。今まで口止めされてたんです。え? 前に、このブログで見た気がする? 気のせい、気のせい(笑

Comment(10)

コメント

土曜日はどうもでした!
ひさびさにお話出来て楽しかったです。
24日見ますね♪
次回こそは相棒連れていきますー。
p.s.ご一緒だった23歳(らしき)漫画家志望の彼にもよろしくお伝えくださいな。

すっごく楽しみで、なんとなんとこの番組【NHK教育テレビ(3.24《土》22:00~23:30)『ETV特集「[あしたのジョー]のあの時代~団塊世代の“心”の軌跡を探る」』】〔七重という多層構成はややこしいですなぁ〕を録画するために、意を決してDVDレコーダーを購入しちゃいました、ええ。ハアハア。
 ところが、関連別番組【NHKBS2(3.27~31《火~土》19:45~24:00、土のみ26:30まで延長)『BSアニメ夜話スペシャル「とことん![あしたのジョー]」』】なんてモンもあるのですね。こっちはアニメだから、夏目さんは出番がないのでしょうか。だとしたら、残念ですね。
 「こんな番組な10年に一度の永久保存版モノなんで、そのためにDVDレコーダーを購入する者もいる位だから、画質を考慮してハイビジョンで放送してほしい。ハイビジョンは永久録画専用局であるべきでしょう。」←こんな意見があることを、NHKの人に伝えてください。メンドーでしょうが、お願いします。だとしたら、ハイビジョンテレビだって買うぞ、ハアハア!

団塊世代に ひとこと ふたこと

私は、明治大正昭和戦前世代は心から尊敬しています。でも・・・何で団塊の世代ってこうなのかなあってまた思いました。自分で考えた様に生きれなかったことを時代のせいにして過ごしてきた人たち。思考停止したまま定年を迎えるにあたってまだ学生時代を総括できないでいる大きなコドモ。
ユリカゴカラハカバマデの最初で最後の恵まれた世代でありながら内面は不満鬱積。
団塊の世代が良く使う「ワレワレ」なんてコトバは、あしたのジョーには似合いません。
「あしたのジョー」は団塊の世代のものと思い込んでいる様子でしたが、1963年生まれの私には、納得いかないです。カタマリって恐ろしいと思いました。未だにオトナになれずにいますね。

学生運動ってナンダ

団塊世代のいう学生運動の本当のところは
授業料値上げ阻止運動と大学の不正経理に対する
糾弾運動からはじmった者でしたよね。

オトナって何だろ

自分と直接は関係がない または 薄い 時代背景や
歴史に対して向き合い、自分の最前線で自分の範囲で後世の人に責任を負うひとと思います。
その意味で 団塊の世代の多くはコドモに思えます。
坂本竜馬や近藤勇は20~30代でもオトナでしょう。
イチローや松井も子供たちのことを考えている点で大人ですよ。

団塊の子ども世代

親世代の方々に話を聞くと、大変興味深いです。時代や社会に対して、どう生きたいのかを、われわれ「団塊の子ども世代」も、それなりに迷ったり悩んだりしているからだろうと思います。
 例えばニートは、無意識的にニートという生き方をしているのではなく、親世代の人々の生き方や、その後の世代の人間の生き方を見て、意識的にニートという生き方を選んでしまうのだろうと思います。
 また、時代や社会に対してどのように生きるべきかを考えるのは、どの世代のどの人間にもあることで、やはり結局は個々人の問題なのだろうと思います。そのように夏目さんも番組中おっしゃっていたと思います。
 団塊の世代の方々は、迷いや衝動を「共有」することのできた人たちなのだな、というところに、いかばかりかの羨ましさも感じます。
 「個性」「個性」と育てられた被ゆとり教育世代である自分は、自己の確立という幻想を抱きながら、真っ白になるまで寂しく迷っているのかもしれません。(笑)
 と、番組を見て、そのように感じておるところでございます。

世代論?ってどうかな

結局は個人の問題になってしまうのでしょうね。

次いってみよう

年金もないことなんかわかっている。これからは自己責任の時代。ただ自分の子供達にいい世の中を残せるように頑張ろう。団塊の皆様お疲れサマでした。
次いってみよう

natunohi69

ぜひ、次は『忍者武芸帖~カムイ伝』を、御願いいたします。白土三平氏がご存命のうちに。

白土三平・・・・。それは僕のとこじゃなくて、制作スタッフとかNHKとかにいってくれないと無理ですね。やはり、番組って普通こういうものだと、基本的にスタッフの枠組みでしかないですからね。

コメントを投稿する